ジャスティン・ビーバーの殺人&去勢計画を立てていた犯人達が逮捕!

AOL ミュージック / 2012年12月13日 16時25分

ジャスティン・ビーバーを殺害した後に去勢をしようという恐ろしい計画を企てていた犯人グループが逮捕されたことが明らかになった。



<KRQE News 13>の報道によると、逮捕されたダナ・マーティン(45歳)は、2000年に15歳の少女を強姦し殺害した罪で現在終身刑に服している男で、11月に行われたジャスティンのマディソン・スクェア・ガーデン・ショーで彼を殺害するという計画を考案した人物であるようだ。

彼は甥であるタナー・ルアーン、そして刑務所で知り合ったというマーク・スターキーを実行犯として選び、ネクタイでジャスティンと彼のマネージャーを絞め殺し、去勢するという策を考えていた。そしてルアーンは実際に計画に使用するための剪定ばさみまで用意していたという。しかしその計画を実行する前に、スターキーはニューメキシコ州で連邦捜査官 によって逮捕。ルアーンはその翌日にNYのガソリンスタンドで逮捕されている。彼の元からは今回の殺人計画などが書かれた文書や殺人に使う道具などが発見されたようだ。

そしてこの一件において何より理解し難いのが、何を隠そう首謀者であるマーティン自身がジャスティンのタトゥーを入れるほどの狂信的な彼のファンであったという事実...。

何はともあれ、ジャスティンが無事で何よりだ。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング