「この女性結婚してもよい?」男性がチェックしているたった2つのポイント

AppWoman / 2014年5月12日 21時20分

写真

五月晴れが続くこの時期は、結婚式シーズンでもありますよね。友達の結婚式を見ていると、ついつい、急かされてしまうような気持ちに陥る人も多いのでは?

恋人がいない人は、恋人探しに頑張って頂くとして……。

今、恋人がいる人は、「どうやったら今のカレに、結婚を切り出せるか……?」と、頭を悩ませることでしょう。あんまり強引に言いすぎても引かれてしまうし、かと言って、カレのペースに合わせていたら、いつまで経っても結婚なんて出来なさそう……。

どうしたら、カレ本人が、自ら「結婚しよう!」という気持ちになるか……試行錯誤しているのでは?

そんなあなたに、恋愛関連の著書を多くもつ心理コーディネーター、織田隼人さんのブログから、“カレが思わず結婚したくなる魔法のことば”をご紹介します。

■オトコが「この彼女を人生の伴侶にできるか?」を考える時にチェックする2つのポイント

(1)この人といて、“日常”が楽しいか?

よく、「結婚するには、男性の胃袋をつかむと良い」と言われますよね。男性が女性を“人生の伴侶”に選ぶときには、顔や学歴、スタイルは関係ありません。「この人と一緒にいて、毎日が楽しいかどうか?」、「この人は自分と一緒にいて、毎日楽しいだろうか?」と考えるのだそう。

美味しい料理を出してくれる彼女だと、きっと毎日満たされた気分になれると、考えるのかもしれません。あなたの外見的魅力や、打算的な魅力を演出しても、カレはきっとなびかないでしょう。「彼女と一緒にいて楽しい!」という、シンプルな気持ちにさせることが大切ですよ。

(2)自分がどん底になっても、この人はついてきてくれるのか?

あなたが結婚を考えているくらいですから、きっと、「カレがどうなってもついていく!」という気持ちはあるのでしょう。しかし、それは態度に表さないとなかなか伝わらないもの。

「もし自分の仕事や地位がなくなったら、この人はついてきてくれるのだろうか……」「自分が弱っているときに、この人は助けてくれるのだろうか……」そんなカレの悩みを取ってあげる必要があるのだとか。

たとえば、カレが仕事で忙しくて自分を放置しがちなとき、「かまってよ!」とつい叫んでいませんか? カレが一杯一杯な時に追い打ちをかけてしまうような仕打ちを見て、カレは「いざというときに一緒にがんばれないかもしれない」と思っているかも。

カレがつらい時こそ、そっと支え、癒してあげられる存在であることをアピールしてみたほうがいいかも。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AppWoman

トピックスRSS

ランキング