夜中1時以降にスマホを使うと「ブス女」になる!? その理由って?

AppWoman / 2014年11月21日 19時0分

写真

あなたは夜、何時までスマホを触っていますか?

ベッドに入っても、寝る直前までゲームをしたり、TwitterやFacebookをチェックしたり……。でも、そのスマホいじり「夜中の1時」までに留めておいたほうがいいかもしれません。

■「夜中1時以降」のネットサーフィンは心を“ブス”にする!?

「Yahoo! JAPANビッグデータレポート」チームが発表した、Twitterに投稿されたツイート文(つぶやき)時間帯別の気分ワードTOP5を見てみると、夜中1時を境に、ネガティブなワードが多くつぶやかれるようになることが明らかになったのです。

19時から0時までは「美味しそ」「幸せです」「楽しかった」「これからもよろしく」など、見ていて“ほっこり”するワードが上位を占めています。

それが、深夜1時を境に「あかん」「怖い」「死ね」「だめ」「情けない」「苦しく」というような“ネガティブ”なワードが上位を独占。

こんなワードを見続けていたら、いい気持ちはしませんよね。自分もネガティブな思考に引っ張られてしまいます。

■長時間スマホで現れる「ゴルゴ線」に注意!

さらに、夜遅くのスマホは顔にも影響を及ぼすことが分かっています。

以前「【老け顔一直線!】スマホのやりすぎが原因に…。女性の大敵“ゴルゴ線”とは?」でもご紹介したように、画面を長時間見続けると視神経が疲れやすく、目の周りの筋肉が硬くなるのだそう。

その結果リンパの流れが滞ってしまい、目の下から頬にかけて横に薄い線が入り、人気漫画の主人公「ゴルゴ13」のような目元になってしまうんだとか!

この目の下から頬にかけての薄い線は、非常に疲れている印象を与え、顔を一気に老けさせてしまいますよ。

■「冷え性」や「不眠」も深夜のスマホのせい!?

さらにさらに!

寝た状態で“スマホいじり”をする事と、冷え性や不眠、身体の不調にも関係性があるとも言われています。

「女性の50%がやっている“暗い部屋で、寝た状態のスマホ操作”の体へのリスクとは? 」でもご紹介しているとおり、リラックスしようと思ってもできない“過緊張”や重度の“冷え性”が、スマホユーザーには多いという調査結果も。

寝た状態でスマホを使用している人は目のコリ・疲れ、肩コリ、首コリなどの不調を訴える人の割合が高く、また、ブルーライトによると思われる不眠も訴えています。

いかがでしたか? このように、寝る前のスマホいじりは、顔を老けさせ、心もブスにし、体調を悪くするという可能性が。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AppWoman

トピックスRSS

ランキング