「auで買ったiPhone」をSoftbankで使えるってどういうこと?

AppWoman / 2015年1月7日 12時0分

一般的に、「国内で購入したスマホは、契約したキャリアでしか使えない」ってみなさん知っていますか?

「SIMロック端末」といって、キャリア側が端末にロックをかけ、専用のチップ(SIMカード)でなければ使えません。

例えば「docomoで契約したiPhoneは、docomoでしか使えない」といったように。

ですが来年からは、ついに購入した端末でキャリアを自由に変更できるようになりますよ!

■5月1日以降に発売される端末は「無料で」SIMロック解除に応じなければならない

総務省は昨年の12月22日に「SIMロック解除に関するガイドライン」を発表。

これは、国内で販売される携帯電話端末の「SIMロック解除」に関する基本的なガイドラインを定めたものです。

同ガイドラインによると、2015年5月1日以降に発売された端末は、利用者から申し出があった場合、原則として全て「SIMロック解除」に応じなければなりません。また「無料で」という事も内容に盛り込まれています。

今現在使っている端末や、今まで発売されたものは対象外なものの、これはかなり画期的な決定です。

「SIMロック解除」が自由にできるようになると、「結婚するから旦那さんと同じキャリアにしたいけど端末は変えたくない」といった場合や「友達や家族から譲り受けた端末」などでも、あなたの好きなキャリアで使えるようになります!

■端末が「SIMロックフリー」になるわけじゃない

ただし注意点として、今回のガイドラインには「SIMロック端末は禁止!」とは書いてありません。つまり、キャリアはSIMロック状態の端末でも販売していいんです。“利用者から申し出があった場合に”無料で応じなければならないという決定ですので、ご注意を。

SIMロック端末って海外旅行にいった時も不便なんですよね。

国内で生活する場合はあまり意識しないかもしれませんが、知っておくと意外なところで得するかも?

【関連記事】

※ セルライト撃退!プロのエステ技をたった「500円」で受ける方法

※ 今話題の「SIMフリー端末」って?初心者向けに分かりやすく説明します!

※ どうして?「LTE通信量無制限」の格安SIMが注目されるワケ

※ どんな人が「SIMフリー」にしたほうがいいの?スマホ代はもっと安くなる!?

※ 寒い冬でも「運動ナシ」でむくみを取るサプリの秘密とは?

【参考】

※ 「SIMロック解除に関するガイドライン(PDF)」 – 総務省

(ライター 斉藤雄二)

あなたにオススメの記事 超安い!パケット代が「スマホ3台合計で1,100円」になるコツ 端末込みで月3000円!? 「格安スマホ」が超人気な理由って? 格安SIMカードを選ぶときはここに注意して!【OCN編】 格安SIMここに極まれり!? フル機能つけてもスマホ代月1,000円以下で使う方法 今話題の「SIMフリー端末」って?初心者向けに分かりやすく説明します!

AppWoman

トピックスRSS

ランキング