目指すはピコ太郎?一発屋お笑い芸人ユーチューバーたちの奮闘

アサ芸プラス / 2018年3月26日 17時58分

写真

 今やなりたい職業ランキング3位に輝くほど世間から注目されているユーチューバー。ユーチューバーとは、周知のように動画サイトYouTubeに自身の出演動画をアップし、広告収入を稼ぐスタイルで、年収数億円を超えるツワモノもいるというから驚きだ。そんな彼らにあやかり、テレビの仕事が激減した一発屋芸人たちもYouTube界に進出しはじめているようだ。

「一般人よりも知名度のある芸能人がYouTubeデビューすれば、一見再生回数は伸びそうですが、残念ながら成功している人はごく僅かです。お笑い芸人の中では、ギター侍で大ブレイクした波田陽区、なぞかけで人気を博したねづっちが熱心に動画をアップしていますが、決してクオリティの高いものとは言えず、再生回数は伸び悩んでいます。視聴者がユーチューバーに求めるものは、奇抜すぎるネタではなく、純粋に見ていておもしろいかどうかです。成功例としては、YouTube動画から世界的に大ブレイクしたピコ太郎が芸人たちに夢を与えたのではないでしょうか」(芸能ライター)

 今後も、一攫千金を夢見た芸人ユーチューバーは増え続けることだろう。

(佐藤ちひろ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング