視聴率男・YOSHIKIに意外なブーイング!「映画の焼き直し発言は飽きた」の声

アサ芸プラス / 2018年4月4日 17時58分

写真

 X JAPANのYOSHIKIが出演した3月30日放送の「中居正広のキンスマスペシャル」(TBS系)の瞬間最高視聴率が19.7%を記録したことがわかった。

 YOSHIKIは父の自死や元メンバーのHIDEの死など自身の半生を振り返り、思いを告白した。

「YOSHIKIさんは昨年末から今年にかけて、多くのバラエティ番組に出演し、X JAPANの解散やTOSHIとの確執と和解について語っています。どれも高視聴率を記録し、今や“視聴率男”として引っ張りだこになっています」(エンタメ誌記者)

 だが、そんなYOSHIKIのトークに飽きはじめている視聴者も少なくないようだ。

「映画『WE ARE X』のパッケージ版の宣伝を兼ねて出演していることもあって、話が『WE ARE X』の焼き直しなんですよ。TOSHIと再会した時の話やHIDEの死が自死ではないとする考えなど、どれも映画で語っている話をしているだけなんです。映画を見たファンは、同じ話を何度も聞かされる形になるわけです」(週刊誌記者)

 とはいえ、そこはX JAPANのファン。「何度聞いても泣いてしまう」「何百回でも聞きたい」「よっちゃんの姿をテレビで見られるだけでうれしい」と、好意的な反応ももちろん多い。YOSHIKIバブルはまだまだ続きそうな勢いだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング