「ライザップ激ヤセ」佐藤仁美、それでも訪れかねない“女優生命の危機”とは?

アサ芸プラス / 2018年4月18日 17時59分

写真

 女優の佐藤仁美が4月17日、RIZAPの新CM発表会に出席した。佐藤は40歳目前にして、「モテたい!」と減量に挑戦。3カ月で12.2キロ痩せ、見違えるほどの美ボディーに変身した。

「会見では60キロ超えしていた当時の樽ボディーの実物大パネル写真が鎮座していて、同じくRIZAPで痩せたエドはるみの時を上回るほどの強烈なインパクトを感じましたね。こんなに太っていたのかとびっくりさせられて、いくら“使用前”の姿だとしても今でもイメージダウンになってしまいそうですよ」(スポーツ紙記者)

 佐藤は切々と、こうぶっちゃけた。

「ずぼらで何をしても続かない性格で、お酒も大好きなので、ダイエットはあきらめていました。でも今回、RIZAPのトレーナーが何を言っても受け入れてくれて、私にストレスなくできるプログラムを組んでくれたから、ここまで変われることができました! せっかくここまできれいになったんだから、モテたい!」

 結婚についても、「婚活に励み、今年中のゴールインを目指す気でいる」(前出・スポーツ紙記者)といい、彼氏いない歴が5年近くあり、その原因として無類の酒好きをあげた佐藤。何しろ夜9時から翌日の昼まで焼酎1本とショット10杯、たまにシャンパンをあおっていたのだとか。痩せた今でもすぐ眠くなるものの、ショット20杯を午前2、3時まで飲み続けているというから、さすが、芸能美女屈指の酒豪と言われるだけのことはある。

「それでも締めのラーメンを堪能する自堕落生活から抜け出し、激太り時代にNGにしていた温泉も解禁、ウエストがゴムの洋服にもさよならして、堂々Mサイズに返り咲いたそうです。残念ながら、彼氏に求める5条件(健康、マジメ、やさしい、自立している、短いズボンをはかない)をクリアーする優良物件にはいまだ出会えておらず、勝負はこれからと目をランランと光らせていた」(芸能ライター)

 佐藤といえば、朝ドラ4作に連続登場するほど重宝される演技派女優。太めのおせっかい焼きのおばちゃんや姉御肌で、結婚できないでいる女性のキャラが抜群にうまい。バラエティー番組でも竹を割ったような性格、歯に衣着せぬ物言いが人気を集めている。

 ところが会見で佐藤は、ライザップ後の女優・佐藤仁美について、こう話したのだ。

「普通のきれいな女優になっちゃった。菜々緒ちゃんとキャラがかぶると本気で思っている。さわやかなイメージがついてシャンプーとかのCMが来るんじゃないか。お酒のCMも狙っている。井川遥さんみたいな癒やし系女優になるんじゃないか」

 マジメそうな口調で話すと、報道陣の笑いを誘っていました。

「佐藤流の冗談なんだとは思いますが、いくらかでもキャラを変えようなんて本気で思っていたら、今までのオハコだった役が来なくなることもあるかもしれませんよ。おおげさかもしれませんが、女優生命の危機につながることだって考えられます」(女性誌記者)

 156センチで体重49.4キロは、まだ、小太りの部類のはず。本人も「中(中身)はいたって変わってない」と会見で強調していたが、この先さらに痩せても、女優生命のためにも、キャラは大事にしていただきたいものだ。

(塩勢知央)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング