最新診断法を発見!顔を見れば病気が即わかる(2)顔診法で第2のシグナルを察知する

アサ芸プラス / 2018年4月25日 9時55分

写真

 素朴な疑問だが、なぜ、顔に不調が現れやすいのか。

「細かい部分に全体と同様の形状や性質が現れる、自己相似性をフラクタル理論といいますが、言いかえると、これは『部分は全体を表し、全体は部分を表す』の意。つまり体で言うと、細かなパーツ一つの中に全身の状態が現れているということ。顔診法は、このフラクタル理論がもとになっているんです」(三浦氏)

 冒頭の栃沢氏の場合も、高血圧で心臓が悲鳴を上げていたから鼻が赤くなり、それが心臓に不調を来しているサインだった、というわけである。

 そんな体の不調を表すシグナルの第一段階が背中や肩。それが「掌」「足の裏」「顔」と順を追って現れるという。

「左右どちらか同じほうの腕だけで鞄を持ったり、長時間同じ姿勢で机に向かうなど、生活習慣によって体に偏りが生じると、肩甲骨周りや背筋から腰の上部に滞りができ、動きが悪くなります。そして、内臓がある位置の背中側に滞りができると、心臓、胃、十二指腸、肝臓、腎臓などに影響が出てくるんです」(三浦氏)

 ところが、背中は自分の目で見ることができない。手も届きにくいため、シグナルに気づいても放置してしまうことが多いという。

「実はこのシグナルを見過ごしてしまうと、第2段階として顔や掌、足の裏に不調のシグナルが現れます。ただ、この段階では自覚症状がないので放置しておく場合が多く、そうすることで内臓や筋肉、骨格の痛みといった自覚できるレベルの症状が現れる。それが病気が発生するメカニズムです」(三浦氏)

 つまり、「顔診法」で第2段階のシグナルを察知すれば、病気になる前にうまくケアすることができるというわけだ。

 では、さっそく三浦医師に顔診法を解説してもらおう。

「まず、顔の左右の違いをチェックし、体の変化を読み取ります。具体的にはどちらかが上がったり、下がったりしていないか、大きさや色の違いは、さらに左右どちらかが湾曲や陰りが現れていないか、などがポイントになります」(三浦氏)

 人間は痛みや違和感を覚えると、無意識にその部分を縮めてしまう。そのため左右の差が現れるのは、不調を示す最もわかりやすいサインとなる。

「鏡の前にまっすぐに立って、左右の肩の長さを比較してください。肩が短くなっているほうが反対側に比べて上がっているか、下がっているかを確認し、肩が上がっている場合は『硬直系』。下がっている場合は『肥大・炎症系』の異常を疑うべき。症状で言うと脳梗塞や心筋梗塞などが硬直系。一方、脳出血や心臓肥大、肝炎、下痢などは肥大・炎症系になります」(三浦氏)

 顔診法で自分自身の健康チェックを行う場合は見落としがないよう、頭頂部⇒額⇒眉間⇒目⇒鼻⇒頬⇒耳⇒口という感じで、顔の上から下へと観察していく。そして、色の変化や湾曲、陰り、膨らみや凹み、さらに吹き出物やシミ、あざなどをチェックするということになるが、昨日までなかった“現象”が現れるのが不調のサインだという。

「吹き出物やシミは色によって病気が異なります。例えば、赤なら心臓と循環機能、肺と呼吸器機能など。黄色には肝臓と胆のうの胆汁機能、膵臓、腎臓と排泄機能の異常が現れます」(三浦氏)

 また、紫は腸と消化機能、神経、生殖器とホルモン系の異常。白いシミや吹き出物は神経過敏や肝臓、胆のうのほか、膵臓とリンパ系異常の現れだという。

「これらは食生活による影響が大きいので、食生活を改善することで消える場合も少なくありません。ただ、改善しない場合、すでに病気が表れている時には医療機関へ受診することをお勧めします」(三浦氏)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング