あのドラマと立場逆転!?瑛太、“錦戸を暴行”報道に「確かにやりそう」の声

アサ芸プラス / 2018年4月24日 17時58分

写真

 まさかの内部抗争発覚もイメージ通り!?

 瑛太が友人である関ジャニ∞の錦戸亮を、都内の高級ラウンジ内で暴行する騒動があったことを4月26日発売の「フライデー」が報じている。同誌によれば、2人は4月10日に仕事関係者と思われる男性を数名引き連れて、都内の会員制ラウンジで楽しくお酒を酌み交わしていたとのこと。しかし、盛り上がり過ぎてしまったこともあり、錦戸のノリが悪い方向にヒートアップ。瑛太に中指を立てたポーズを見せつけ、からかったことで瑛太がブチ切れしたらしく、瑛太は錦戸に殴りかかり、その後も床に倒れ込んだ錦戸に馬乗りになり殴り続けたという。結局、周囲の人間が止めに入り、コトは収まったようだ。後日、編集部の直撃取材に瑛太は騒動を否定。錦戸サイドもノーコメントを貫いている。が、この報道を受けた世間の人々からは「錦戸が人を小馬鹿にした行動をとりそうなのもわかるし、瑛太もな…」「瑛太もキレやすそうだしな」「イメージ的に納得してしまう」などといった声が上がるなど、騒動は事実だと受け止めているようだ。

「瑛太はテキーラなど、アルコール強めのお酒も飲んでいたそうですから酔っていたこともあり錦戸の悪ノリに耐えられなかったようですね。一方の錦戸に関しては過去に一般人とトラブルを起こしている前科もありますし、プライベートでのイメージはそれほど良くありません。飲み会の場で友人に対してでも中指を立てる行為を不快に思う人も多いですから、瑛太が錦戸に暴行を加えたことについては称賛するような声も上がっています」(エンタメ誌ライター)

 2人は2008年に放送されたドラマ「ラスト・フレンズ」(フジテレビ系)で、共演して以降、親交を深めているが、同ドラマで錦戸はDV男を演じ、瑛太も錦戸から暴力を受けるシーンもあった。10年の時を経て、現実でドラマの役柄と立場が逆転することになるとは錦戸も思いもしなかっただろう。

(権田力也)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング