紀州のドン・ファン「歴代の交際相手」が“薬物と愛欲”を明かした!

アサ芸プラス / 2018年6月12日 5時59分

写真

「みなさん、こんにちは。私の大好きな“アサ芸”に登場できるとは光栄であります」──昨年、インタビューで本誌にも登場した「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助さん(享年77)は意気軒昂に本誌にこんなふうに語っていたものだった。あれからわずか1年あまり、野崎さんは謎の死を遂げてしまった。司法解剖で体内から検出されたのは、致死量を越える法律違反の薬物。そして浮かび上がったのは、4000人を超える華麗な女性交遊だった。

 事件発生から3週間以上が経過してもいまだ全容が解明されていない「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助さん殺害事件。連日、野崎さんへの薬物の投与というさながら密室ミステリーのような謎解きを巡って様々な情報が錯綜しているものの、肝心の野崎さんとクスリとの“接点”は不明のままだ。

「捜査当局は疑惑の目は、野崎さんの遺体の第一発見者である55歳年下の新妻のSさんと、第二発見者で家政婦のXさんに向けられている。事件当日、不審者による自宅への侵入した形跡はなく、死亡推定時刻である5月24日の午後9時ごろに自宅にいたのは、SさんとXさんだけだった。2人とも事件直後の取調べでは、ウソ発見器にかけられたほか、現在も24時間態勢で当局の監視下にありますが、2人の周辺に薬物を取り扱う人物が見当たらず、解決には時間を要しそうです」(社会部記者)

 それだけではない。これまで「4000人の美女に30億円貢いだ男」として、その交遊関係は、幅広いだけに関係者の洗い出しにも一苦労しそうな雲行きなのだ。

そうした中、かつての交際相手が、野崎さんとの交際の一部始終と、法律違反の薬物との接点について貴重な証言をした。6月12日発売のアサヒ芸能6月21日号誌上で、その驚きの全容を詳報している。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング