ドラマも白紙?剛力彩芽&ZOZO社長が業界関係者を怒らせてしまったワケ

アサ芸プラス / 2018年8月1日 17時58分

写真

 7月27日発売の「フライデー」が、剛力彩芽と大手通販サイト「ZOZOTOWN」運営会社・前澤友作社長のセレブデートの様子を掲載した。2人は完全会員制の高級レストランを訪れていたという。

「剛力と前澤氏は、1日1組しか入店できない会員制レストランで食事を楽しんでいたとのこと。また記事ではプライベート以外の2人の動向も報じており、それによると、前澤氏は商品に関する真面目なZOZOの会見にまで彼女を連れてきていたそうで、記者たちは『金持ちなら何をしてもいいのか』とドン引きしていたそうです」(芸能記者)

 一方、テレビ局員も、現状の剛力に関して「各局のドラマプロデューサーは『使いづらい』という認識で一致している」と「フライデー」に証言。今後、彼女の仕事にも影響が出る可能性が出てきた。

 もちろんこのまま2人がゴールインし、幸せな生活を送っていけるのならば問題ないのだが、7月24日発売の「フラッシュ」も、前澤氏の不穏な情報を掲載している。

「前澤氏の知人が『フラッシュ』の取材に答えているのですが、彼によると、前澤氏は何かを手に入れるまでは手間を惜しまず、金にも糸目をつけないそうです。しかし『一度手に入れたら、途端に興味を失ってしまう。そういう男だ』と断言しているため、一部では今後の剛力に心配の声があがっています」(前出・芸能記者)

 世間からバッシングを浴び、業界からも敬遠。もしも最愛の恋人にまで見放されてしまったら剛力はどうなってしまうのか。このまま問題なく交際が続いていくことを願うばかりだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング