朝ドラ女優・徳永えり、主演ドラマでの頭動かし口戯&“慰め行為”の衝撃!

アサ芸プラス / 2018年8月2日 17時59分

写真

 今年3月まで放送されていた連続テレビ小説「わろてんか」(NHK)で、ヒロイン役の葵わかなの身の回りの世話をする女中のトキ役を好演し、一躍その名を全国区に知らしめた徳永えり。今期クールでは吉岡里帆主演のドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(TBS系)と自身が初主演する「恋のツキ」(テレビ東京系)をかけ持ちしている。

 これまでは優等生的なキャラクターを演じることが多かった徳永だが、何と7月26日深夜放送「恋のツキ」第1話では、同棲する彼氏に対する“口戯シーン”と年下イケメン高校生を思いながらの“自分1人で肉体を慰める”シーンを熱演。そのリアルさが話題になっている。

 同ドラマは「月刊モーニング two」(講談社)に連載中の新田章という父親の名前をペンネームにした女性漫画家による同名漫画が原作で、徳永は交際歴4年の彼氏がいながら、16歳年下の高校生と浮気する31歳フリーター・平ワコを演じている。

「原作漫画の通りに、彼氏に右手を取られて下腹部に導かれ『してよ』のひと言で頭ごと動かして口戯を始める徳永の姿は実にリアルでした。さらに今後、“不貞”へと発展する高校生を思い出しながら自分の下腹部に手を入れ、眉間にしわを寄せて荒い呼吸をする徳永からは、見てはいけないものを見てしまったような衝撃を受けました。原作漫画にはこれからもさらに過激な艶シーンが満載ですから、おそらくドラマも同様になるはずです」(テレビ誌ライター)

 徳永による渾身の艶技から伝わってくるアラサー女性の赤裸々な心情は一見の価値ありだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング