全カット!嵐・二宮和也主演ドラマ再放送で存在が抹消された薬物女優とは?

アサ芸プラス / 2018年8月5日 9時58分

写真

 8月2日から、嵐・二宮和也主演のテレビドラマ「フリーター、家を買う。」(フジテレビ系)の再放送が開始された。同ドラマは2010年に放送され、高視聴率を記録した人気作品である。

「『フリーター、家を買う。』は、自堕落なフリーター生活を送っていた二宮演じる主人公が、母の病気をきっかけに成長していく物語です。第1話では、浅野温子演じる鬱病の母親が『今日も死ねなくてごめんなさい』と何十回と連呼し、精神が崩壊する様子が描かれるため、当時リアルタイムで観ていなかった視聴者からは『こんな怖いドラマだったんだ』『考えさせられる』と様々な感想があがっています」(テレビ誌記者)

 久しぶりの再放送ということで、大きな注目が集まった同ドラマだが、今回、二宮と共演したある女優の出演シーンが、ごっそりカットされていたことで、視聴者をザワつかせているという。

「このドラマには、法律違反の薬物所持の疑いで逮捕(起訴猶予処分)された高部あいが、二宮の元恋人役で出演しているのです。第1話では、主人公が彼女の家まで会いに行くというシーンがあり、再放送のエンドロールにも名前は出ていたのですが、そのシーンはすべてカットに。すると視聴者からは『高部あい出てたんだ』『よく放送できたな』と驚きの声があがりました」(前出・テレビ誌記者)

 通常、問題を起こした人物が出ていた作品は放送禁止になるが、高部は主要人物ではなかったため、フジは一部カットという形で放送を決めたようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング