「やさしそう」だったが…インパルス堤下敦の元カノモデルが明かした破局理由

アサ芸プラス / 2018年9月6日 17時58分

写真

 モデルの土岐田麗子が9月4日に放送された「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)にゲスト出演し、かつて交際していた、お笑いコンビ・インパルスの堤下敦との破局理由などについて語っている。

 土岐田といえば、2006年に「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)の収録中に堤下のファンであることを公言し、その後、交際をスタートさせると、約2年後に破局したことを自身のブログ内で発表。ファンだったはずの堤下と最終的に別れを決断するに至った具体的な理由について、土岐田は、「テレビで観ている感じだとやさしそうなクマさんみたいな印象だったので、『やさしそうな人だなぁ』ってファンになった。でも、付き合ってみたら難しかった」と説明し、事前のイメージと実際の性格に差があったことを示唆した。

「ファッション誌『JJ』で飛ぶ鳥を落とす勢いの最中に堤下と熱愛宣言をした土岐田は、彼との交際に関するトークをするという前提でテレビ出演のオファーが多く舞い込み、破局すると途端に誘いが無くなったことから、『テレビって怖いなぁって思いましたね』と回想しています。しかし、ある意味、“堤下と交際している”という要素以外に自身の強みや個性を発揮できなかったことの結果とも言えるかもしれません。たとえば、狩野英孝の6股交際の中の1人として脚光を浴びたモデルの加藤紗里などは“売名女”などとヤユされましたが、その後は突出した強烈な個性を売りに様々なテレビで仕事を確保していますからね。“踏み台”をキッカケに次のステージへ進むことができるかどうかは自分次第とも言えます」(テレビ誌ライター)

 現在はペットショップで週に5日はアルバイトを続ける日々とも明かした土岐田には、ネット上から「(堤下と)付き合ってなくても需要はなくなってたと思う」「堤下バブルをうまく活かせなかったね」「何か光るものがあれば破局後だって仕事はあったと思うけど」との指摘が蔓延しており、手厳しい意見が並ぶ。

 もっとも、堤下との交際が続いていたとしても、堤下は、昨年2度の交通事故を起こし不祥事続き。その負のオーラが災いして、現在はドン底だったかも知れない!?

(木村慎吾)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング