武豊が社台グループを激怒させた3大失態(3)スタミナ切れで乗り切れず

アサ芸プラス / 2013年1月16日 9時59分

 前出の馬主が嘆息する。

「社台ファームと照哉氏にとっては、これが『ユタカはもうダメだ』となる決定打でした。武が御しきれなかった馬を、外国人はあっさりと御して勝ったわけですから。折しもデムーロ、ルメールら海外の若い騎手がそろって台頭し、照哉氏は『世代交代だ』と‥‥」

 一方、社台ファームと並ぶ大集団ノーザンファームは、武をどう評価したのか。決断を下させたのは、同牧場生産馬ローズキングダムへの騎乗ぶりだった。

 ローズキングダムは10年11月のジャパンカップを勝った(ブエナビスタ降着により2着から繰り上がり)後、前述したように有馬記念は出走取消となったものの、年明けの日経新春杯(GⅡ)、日経賞(GⅡ)の前哨戦を使って5月の天皇賞・春(GⅠ)へ、というステップを踏んだ。社台グループの内情を知る馬産地関係者が振り返る。「ローズキングダムはスタート後、スタンド正面、2週目の3コーナー前に来るまでも引っかかってガーッと行ってしまった。最後はスタミナ切れで、3200メートルの長丁場を乗り切れませんでした」

 結局、2番人気を背負いながら直線ではバッタリと失速し、11着という無残な結果を残すしかなかった。

 これ以前から社台ファームの馬の騎乗ぶりを見てきたノーザンファーム側は、「このレースを受けて、『かかる馬にはちょっと無理だ。武を乗せないようにしよう』という結論が出された。トドメですね。これ以降、『武を乗せるな』とのお達しが出たのは本当の話です。社台ファーム、ノーザンファームの共通認識として、信頼度がガタ落ちしたのは事実。騎乗依頼の優先順位は、1位が外国人、2位が内田博幸、蛯名正義、福永祐一、岩田、横山らリーディング上位で、武は川田将雅、松岡正海といった3位グループの一角にいるとの位置づけです。もちろん、昔は1位にいましたが」(前出・馬産地関係者)

 凱旋門賞、阪神ジュベナイルフィリーズに続く3大失態で、天才と呼ばれた男がここまで評価を下げ、そればかりか、「武回避」にまで至る技術的な衰えを招いた背景には、先にあげた毎日杯での落馬骨折事故があるのは明らかだとされる。

「休養中の騎手は、他の騎手が活躍しているのを見ると、どうしても焦って復帰を早めようとします。武も本来なら1年近くかかるとされる大ケガで、完治しないままわずか4カ月後に戦列に出てしまった。肩の可動域が元に戻らず、激しい腰痛も抱えたままです」(専門紙トラックマン)

【関連記事】

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング