“具”も見えた?松本人志「フリーズ」、鈴木奈々のスカート大開脚シーンが物議!

アサ芸プラス / 2018年10月11日 10時40分

写真

 ダウンタウン・松本人志がMCを務めるバラエティ番組「HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE(フリーズ)」(Amazonプライム・ビデオ)のエピソード3が、10月3日に公開された。同番組の不自然な編集に、視聴者から疑問の声があがっているという。

「『フリーズ』は“動いたら負け”というルールのもと、出演者が様々な仕掛けにノーリアクションで耐え続けるという番組です。そして動いた出演者から脱落し、残ったメンバーは次のステージに進めるのですが、今回配信されたエピソードでは、後半のシーンがうまくつながっておらず、尺も21分と極端に短い。また、これまであった、ステージクリアを発表するシーンなどもごっそりカットされていました。この『フリーズ』は第1回で、安田大サーカス・クロちゃんの顔面に包丁のようなものを刺す場面が一部で炎上したため、今回は後半の仕掛けのシーンを、世間の反応を見てカットした可能性があります」(テレビ誌記者)

 そんな今回の動画では、ハダシで座る出演者の足元に大量のヘビを送り込む模様を配信。その際、鈴木奈々は衣装がスカートにもかかわらず、ヘビに驚いて大開脚してしまうシーンがあったという。

「鈴木は途中、ヘビの恐怖に耐えられず、脚をM字のように大開脚しながら絶叫。しかし彼女はスカートだったため中身が全見えとなり、一部がタイトルロゴで隠されるという事態になりました。この編集について視聴者からは『地上波でなくネット配信なんだから中途半端に隠さないでほしい!一部の声にビビるな』『この番組の鈴木は、生足が艶すぎて画面にクギ付けになる。全部ちゃんと見せてくれ!』『スタッフだけ楽しむなんてズルい』と苦情が殺到しています。ここまで隠すのは、もしかするとアンダーウエア以上の“具”が見えていたのかもしれません…」(前出・テレビ誌記者)

 同番組での鈴木は、視聴者から「リアクションがおもしろい」「意外に艶っぽさがスゴイ」と好評を博している。それだけに変に編集でいじらず、すべてを見せてほしかったという声が多いようだ。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング