HIKAKINの「ガキ使出演」にテレビ業界人が複雑な表情を見せるワケ

アサ芸プラス / 2018年10月17日 9時58分

写真

 人気YouTuberのHIKAKINが、10月21日放送の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)に出演することが決まった。次回予告での情報公開後、HIKAKIN自身もツイッターで出演を明かしたもの。本人が「まさかあそこまで身体張ると思わなかった」とつぶやくなど、相当ハードな収録になった模様だ。

 この出演決定にネットでは「HIKAKINすげえ!」「絶対に観る!」など絶賛の声が続出。中には「HIKAKINって誰だよ?」といった否定的な声もあるものの、今回の出演はおおむね歓迎されているようだ。そんな話題性あふれるHIKAKINについて、テレビ誌のライターが指摘する。

「この一報をテレビ業界は喜ぶべきでしょう。何しろYouTuberでトップのHIKAKINが、あえてテレビへの出演を選んだわけですから。若者のテレビ離れは以前から叫ばれていますが、テレビ業界側では『テレビを観ない若者も、テレビには出たがっている』という感触を持っています。それはすなわちネットよりもテレビのほうがステータスが高いということであり、HIKAKINの『ガキ使』出演はそれを証明したも同然。そういったテレビへのあこがれがある限り、いくらネットが伸びたとしても、テレビが先細りになることはないでしょう」

 何よりHIKAKINのファンが彼のテレビ出演を喜んでいること自体、テレビが持つステータスの高さを表しているようなものだ。このようにテレビ復権を感じさせるHIKAKINの『ガキ使』出演だが、業界内には危機感を持つ人も少なくないという。制作会社スタッフがささやく。

「異分野からテレビに寄ってきてくれるのは嬉しいことですが、テレビというのは本来、全国的な知名度を持つ人気タレントを生み出す場であったはず。テレビに出ることにより、全国区になったと認識されていたものです。ところが今回のHIKAKINはすでに全国区の著名人であり、テレビのほうがHIKAKIN人気に乗っかった形に見えてもおかしくありません。彼が今後もテレビに出続けるなら、テレビ側が彼をどう位置付けていくのか、見ものかもしれません」

 テレビ側にとって幸いなのは、HIKAKINのような「ネット発の有名人」はさほど多くないということ。だがそんな油断をしているとすぐにでも、足元をすくわれるのかもしれない。

(金田麻有)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング