壇蜜、「放送して大丈夫?」の声が殺到

アサ芸プラス / 2013年1月22日 10時0分

 今や、その存在自体がオヤジたちの生きる精力剤と言っても過言ではない壇蜜(32)の初冠番組「業界用語の基礎知識~壇蜜女学院~」が1月8日にスタート、注目を集めている。

 初冠番組の内容は、ミニスカートをはいた講師役の壇蜜が、アイドルの卵たちを相手に、毎回さまざまな業界で活躍するスペシャリストをゲストに迎え、ドS授業を展開するというもの。

「今まで見せなかった私の全てを見せます」

 番組にかける意気込みをそう語った“新エロスの女王”の名にふさわしく、第1話(タクシー編)では、セクシー場面をたっぷりと拝むことができた。

 テレビ誌記者が話す。

「業界用語を発する時は、グロスがテカテカと妖しく光るポッテリ唇が大写しになり、まるで女性器を想像してしまいました(笑)。さらに、心のつぶやきがところどころに挟まれていたのですが、例えば『後悔よりも先に勃っちゃったモノがあるんじゃないの?』などといった“淫語”も楽しめる。他にも椅子に座って脚を組んだ時の裏腿など、そそるアングルもバッチリでした」

 今後は、刑務官、ジョッキー、CA、美容整形外科医など、多種多様な業界用語に迫るというのだが、さらに殿方を喜ばせてくれるのが番組の後半部分。知識欲を抑え切れない壇蜜が「課外授業」へと繰り出し、各業界のトップと対談するというものだ。もちろん、ただの対談ではない。

「第1話は『協栄ボクシングジム』の金平会長でした。話の内容は真面目なんですが、壇蜜の姿はタイトスーツで胸元がパックリと開き、Eカップの上乳が全開。金平会長の目線は終始泳ぎっぱなしでした(笑)。しかも、座り込むとスカートの奥に黒色のパンティがチラチラ。画面から壇蜜ならではの色気がムンムン伝わってきましたね」(前出・テレビ誌記者)

 この「課外授業」では、「今後もセクシーコーナーがめじろ押しです」と言うのは、番組制作関係者だ。

「まだハッキリと言えませんが、銭湯でスクール水着のまま入浴し、洗い場でM字開脚をして風呂桶で秘所を隠すシーンや、うなじや鎖骨がなまめかしい浴衣姿でコタツに入る壇蜜さんが、脱衣場でハラリと脱いで入浴するシーンなども登場します。しかも、これが本当にセクシーで、体のラインが透け透けになって『これ、放送しちゃって大丈夫?』という声が局内から殺到するほど、艶っぽさを見せてくれているんです。地上波ですから谷間や背面ヌードなど、どこまで放送できるかわかりませんが、その限界に挑戦したいと考えています」

 同番組は毎週火曜日の深夜1時放送(地域により異なる)で、全12話の予定。「5いっしょ3ちゃんねる」(群馬テレビ、とちぎテレビ、テレビ埼玉、千葉テレビ、テレビ神奈川)のほか、ひかりTVでも視聴可能だ。

 今年も壇蜜の“エロ道”は止まりそうもない。

【関連記事】

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング