引退・松井秀喜(3)「イチロー派から乗り換え」

アサ芸プラス / 2013年1月24日 9時59分

 松井の「将来設計」をヨソに、古巣巨人は即座に「囲い込み」に動いた。引退会見を受けて、白石オーナーが

「将来、巨人軍のユニホームを着てチームを指揮したいということであれば、ありがたい。もろ手をあげて歓迎したい」とラブコールを送ったのだ。

 さらに年が明けてからも、渡辺会長が次期監督の最有力候補に指名。いわく、

「原君のあとすぐっていうのがいないんだよ。原君はまだやるけど、そのあとは松井君が最適だよね。まずは(原監督の下で)ヘッドコーチなんかをやって。(松井が)帰ってきたら会うから。会って頼む」

 球団の最高権力者じきじきの「監督手形」なのである。いや、これだけではない。その翌日には原沢敦球団代表兼GMが、巨人と提携するヤンキースへのコーチ留学を支援する考えまで表明したのだった。

 だが、これらは全て、松井の意向を無視した巨人サイドの一方的な復帰要請。巨人担当記者が苦笑する。

「読売グループが先手を打って外堀を埋める作業ですよ。万一、日本に戻ってきて、他球団のユニホームを着られようものなら、メンツは丸潰れ。しかしまぁ、あまりにもやり方がいやらしいですよねぇ。だって昨年夏の時点では、渡辺会長は完全にイチロー派だったわけですから」

 確かに、出演したラジオ番組で、「松井とイチローなら、指導者として迎えるならイチローだ。非常に頭のいい男。彼ほどの人物は野球界にそうはいない」とベタボメだったはずだが‥‥。

 松井が引退するや、コロッと態度を変えた都合のいい渡辺会長だが、松井との「確執」がまだ解けていないのをお忘れのようだ。前出・巨人担当記者は回想する。

「02年に松井がFA権を行使する際、渡辺会長は『残ってくれるにはいくら払えばいいんだ』『いくら欲しいんだ』と、札束でほっぺたを叩くような『金さえ払えば残るだろう』という態度に、松井はカチンときたんです。膝への負担を減らすため東京ドームを天然芝にしてほしいと訴えるなど、金銭面を問題にしたわけではなかったのに。ユニホームのロゴが『TOKYO』から『YOMIURI』になったことにも『企業スポーツは今、地域密着の時代に入っている。それに逆行し、ファンを無視するようなやり方は納得できない』と不満を訴えた松井に、渡辺会長が激怒したこともあった」

 そうした「対立」が巨人を離れてメジャー移籍するきっかけとなり、渡辺会長も「巨人からFAで出て行ったヤツは許さん」と漏らすほど険悪だったのだ。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング