「日テレ開局65周年」記念ミニドラマに業界内で飛び交う“冷ややかな声”!

アサ芸プラス / 2018年12月10日 5時58分

写真

 視聴率3冠王の座をテレビ朝日に譲るなど、最近は視聴率低迷が叫ばれている日本テレビ。そうした中、朝の情報番組でスタートする、ある企画に業界内から注目が集まっている。

「今月から『ZIP!』で始まるミニドラマ『生田家の朝』ですよ」(スポーツ紙芸能デスク)

 日テレの開局65周年を記念して立ち上げられたドラマ制作プロジェクトの一環として、同番組内で月曜日から金曜日まで放送される約7分間のドラマだ。

 歌手で俳優の福山雅治が企画と主題歌を、お笑い芸人のバカリズムが脚本を手掛けて、ユースケ・サンタマリアや尾野真千子らが出演する予定なのだが…。

「福山やバカリズム、出演者たちに落ち度はないものの、業界内では放送前からNHK朝ドラのパクリじゃないかと失笑を買っています」(前出・スポーツ紙芸能デスク)

 最近は「世界の果てまでイッテQ!」のヤラセ騒動などで迷走気味の日テレだが、開局65周年を記念したミニドラマの成否ははたして──。

(しおさわ かつつね)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング