上沼恵美子、「更年期障害」以上にブチ切れた「武智の一言」とは?

アサ芸プラス / 2018年12月10日 10時45分

写真

 12月2日の「M-1グランプリ2018」(テレビ朝日系)放送直後のインスタライブでの「暴言事件」が波紋を広げている。

 M-1審査員のひとりである上沼恵美子に対する暴言を放ったとされているのはとろサーモン・久保田かずのぶとスーパーマラドーナ・武智。

「酔ってるのを理由にして言いますけど、審査員の皆さん、もう自分の感情だけで審査するのやめてください」と切り出した久保田は次第にエスカレート。

 虚ろな目でカメラを睨みつけ「お笑いマニアの方は誰のことを言っているのか分かると思いますけど、お前だよ!わかるだろ?右側のな!クソが!」と審査員席で“右側”に座った上沼を指し、怒りを表明した。

 久保田の暴走に「右のおばはんには、みんなうんざりっすよ」と武智も便乗。

「『更年期障害か?』って思いますよ」と上沼を罵倒した。

 こうした暴言にネット上では批判が集まる中、上沼本人も激怒していると報じられているが、9日放送の「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)の中で、審査にはえこひいきはしていないとしたうえで久保田らについてこう話した。

「私は何とも思っておりません。暴言も全然結構です。悪いけど、興味ないです」

 ぎりぎりのところで大人の対応を見せていた。

 ところが、上沼のホンネについて「良かれと思ってやってきた審査員の仕事をボロクソに言われて、大ショックを受けられているんですよ」と明かすのは在阪キー局関係者だ。

 さらに「世間では武智の『更年期障害』発言がいちばん問題視されていますが、上沼さん本人が『最もショックで、最も激怒した』という言葉があるんです」(前出・関係者)という。その言葉とは‐。

「『売れるために審査員するんやったら辞めてほしいですよね。自分が売れるために』という武智の一言です。この発言に上沼さんは大激怒。『いちばん腹立った』と周囲に漏らされています。上沼さんが可愛がってきた後輩である武智が言い放ったわけですから、その怒りたるや計り知れないでしょう。上沼さんに近いスタッフのひとりも『武智を半殺しにしてやる』と言っていました」(前出・関係者)

 暴言の代償はやはり大きいようだ。

(白川健一)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング