侍ジャパン3連覇への咆哮を聞け(3)「WBCのために記録を封印」

アサ芸プラス / 2013年2月7日 9時59分

 先発陣の一角を務めると見られる、広島・前田健太(24)は昨季、14勝7敗、防御率1・53という成績を残して文句なしの選出となった。

 前田は過去の大会を振り返って、こう話している。

「前回大会で自分が出たいという欲求はなかったし、選ばれなくて当然なので悔しさもまったくなかった。ファンとして純粋に応援していました」

 しかし、その翌年10年にはセ・リーグ投手三冠王となり、沢村賞を受賞。

「次の大会は選ばれたい」

 と、はっきり口にするようになった。

 イチロー、黒田、青木、ダルビッシュら現役メジャーリーガーが参加しないことで3連覇を危ぶむ報道もあるが、

「前の2回が強くて今回が弱いとは思わないし、メジャーがいないから弱いんじゃないかと言われるのは悔しい。覆せるように頑張る」

 と負けん気を見せる。

 広島の野村監督からは、すでに開幕投手に指名されているが、

「その時の状態。WBCが終わってから、相談させてもらえると思う」

 と語り、3月のWBCにピークを持っていくことに集中しているのだ。

 侍ジャパンが順調に勝ち進めば、3月29日の公式シーズン開幕戦(東京ドーム)に照準を合わせるのは難しい。

 すなわち球団史上4人目となる4年連続開幕投手の栄誉、さらには、やはり4年連続となるシーズン200投球回へのこだわりも捨てる覚悟ができているようだ。

 後者の記録は、93年の近鉄・野茂以来、20年ぶりの快挙となるはずだが、「できれば続けたいけど、今年は負担がくる。難しい部分があるし、しかたないと割り切れる」

 と、きっぱり。日の丸を背負う、なみなみならぬ決意をにじませた。

 ボーイズリーグ時代には日本選抜のエースとして世界大会で優勝し、MVPも獲得したマエケン。元来、目立ちたがり屋で超プラス思考の彼が、今度は各国メジャーリーガーが参加する最高レベルの国際大会でどんな活躍を見せるのか、非常に興味深い。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング