広瀬アリス 妹すず似のショートカットよりも目立った“ガタイ”のよさ!

アサ芸プラス / 2019年1月21日 9時58分

写真

 1月8日、女優の広瀬アリスが映画「AI崩壊」で演じる刑事のショットが公開された。アリスが演じるのはクールな若手の刑事。そのイメージを出すために髪を25センチも切り、6年ぶりにショートカットにしたという。

 凛とした姿に絶賛の声が上がり、中には「妹のすずちゃんに似ている」という声も。アリス自身も似ていることを自覚しているという。

「女優としては、すずのほうがアリスの一歩先を行っているという評価を受けています。そのため一時は姉妹の不仲が報じられたこともありました。実際はとても仲がよく、いい関係を保っています。ですからアリスはすずに似ていると言われることを、悪く思っていないようです」(週刊誌記者)

 今回の映画ですずに追いつき追い越すような活躍が期待されるが、残念ながらショートカットよりも別のものが目立ったしまったようなのだ。それはアリスのガッチリとした体格。

「彼女は以前から体格のよさが指摘されています。学生時代にバスケットをしていたせいでしょう。今回の写真も肩幅があって、ガッチリした体つきなのがよくわかります。はっきり言うと“強そう”です(笑)。男性ファンの間では、ゴリラと呼ばれていますね。そのぶん、刑事らしくはなりました」(芸能ライター)

 男性ファンの中には、その“ガタイのよさ”が広瀬アリスの魅力であるという人も。映画「AI崩壊」では、彼女のよさがたっぷりと味わえるかもしれない。公開は2020年を予定している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング