「QUEEN」が苦戦!原因は竹内結子ではなくタイトルと放送時間だった?

アサ芸プラス / 2019年2月26日 9時59分

写真

 竹内結子の6年ぶり地上波連続ドラマ主演となる「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(フジテレビ系)が苦戦している。初回こそ9.3%と2ケタに手が届きそうな数字だったものの、第2話では5.8%と自己最低視聴率を記録。その後は6.4%から7.3%の間をさまよい、去る2月21日放送の第7話は6.2%と、また落ち込んできた。

 Perfumeの一連の作品や星野源の大ヒット曲「恋」などのミュージックビデオを手がける、日本を代表する映像クリエイターの関和亮監督が演出を担当。さらに芸人としてだけでなく脚本家としても活躍し、第36回向田邦子賞を受賞までしたバカリズムがキャラクター監修しているため、視聴者の期待値が高くなりすぎていたのかもしれない。

「ドラマ自体はよくできており、主演の竹内だけでなく水川あさみ、斉藤由貴、中川大志ら共演者も好演しています。他局のドラマ制作スタッフからは『タイトルに“弁護士”を入れずに“スピン・ドクター”や“トラブルシューター”と入れていれば高視聴率が獲れたのでは。“弁護士”とタイトルに入れてしまったことで視聴者に誤解を与えてしまったのではないか』『これが深夜ドラマだったら確実にウケていただろう』『竹内が低視聴率女優の汚名を着せられるのはかわいそう』などと指摘されているのだとか」(テレビ誌ライター)

 ネット上でも、カメラワークや照明にこだわった今作の映像に対し「どの場面も薄暗くてよく見えない」「凝った映像なのはわかるけど内容が頭に入ってこない」といった声や、バカリズム監修のキャラクターに「竹内の作りこまれたキャラがドタバタしすぎ」「竹内、斎藤、中川のキャラ設定が深夜ドラマ向き」などの指摘もある。意欲的な手法を多用していることは間違いなさそうなだけに、これからの巻き返しに期待したい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング