益若つばさ、33歳にして「ピンク髪」報告で見えてきた“健気な裏キャラ”!

アサ芸プラス / 2019年3月18日 9時59分

写真

〈実は先月髪の毛をピンクに染めました!〉とインスタグラムに淡いピンク色に染めた自身の写真を去る3月10日に披露した益若つばさに、「年甲斐もない!」という声が殺到している。

「柔らかそうな唇に軽く指を触れ、いかにも誘っているような表情に、コメント欄には絶賛する声が多く寄せられ、岡井千聖や高橋愛ら同性タレントからも《似合いすぎてます お人形さんみたい》など褒めちぎりの声があがっていましたね。ただし一方で、他のネット掲示板などではまったく違う意見が多かったんです」(ネットウオッチャー)

 そこでは〈もう33歳なんだよね。いくらモデルだからってピンクはキツいわ…〉〈そこまで必死に若作りしたい気持ちが分からない〉〈ピンク髪もないが、目の下にくまを作る病み系メイクがもっとない。そういうのは、10代の女の子たちがやるもの〉など、“年齢不相応”という厳しい意見があふれていた。

「今では幼な顔メイクばかりしている益若ですが、もともとギャルのカリスマとしてガングロメイクをしていた時代もありました。そんな彼女が、なぜ童顔メイクにこだわるようになったのか。理由は、現在も交際が続いているSEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseの趣味にあると言われています。彼は益若の前、きゃりーぱみゅぱみゅと交際するなど、とにかく幼い顔の女性がタイプで、益若はそれに合わせるために必死というわけです。そのために髪の色やメイクを変えたりしているのかもしれません」(夕刊紙記者)

 そんな「健気さ」を聞くと、何だか応援したくなる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング