太田光、喧嘩相手ぜんじろう“一人勝ち”もネット民が大反論でカオス状態!?

アサ芸プラス / 2019年4月20日 17時59分

写真

 もう終わらせたい!

 これまで屁理屈合戦の強さではなかなかだったはず(?)の爆笑問題・太田光も「もうやめたい」と疲れ果ててしまったのが、関西お笑いタレント・ぜんじろうとの「どちらが先輩か後輩か」を巡っての53歳と51歳の50代オヤジバトル。

「これほど世間の人たちをあきれせたバトルも珍しいですね。年齢が上の人が先輩か、先に芸能界に入ったほうが先輩かというくだらない言い合い。太田は『この泥仕合はもう、いい加減にしたい』と白旗をあげました。4月16日のラジオでは一応の格好とばかりに『ぜんじろう、てめぇこの野郎!』とリスナーへのリップサービスをしましたが、ぜんじろうのようなローカル芸人と絡んでも太田にとっては何の得もないとファンもわかっているんでしょうね。リスナーだったり報道を見たネット民から『あんな粘着質の男にかまうから面倒なことになる』『干された芸人に絡むなんて太田さんらしくない』とダメ出しの反響が出る始末。そんな世間のムードもわかってか、太田はもうやめたくなっているのかもしれません。『もう早く会うなら会って決着つけたいんですよ。で、終わりにしたい』『もう怒りすらもう…なんか、なんで怒ってたかわかんないんです』というのは、心の底から出てきた本音だと思います」(女性誌ライター)

 本人もまさかそこに絡んでくるとは思ってもいなかったという「サンデー・ジャポン」(TBS系)での呼び捨てキッカケ。でも、世間では「完全にぜんじろうの売名行為」という声も?

「ぜんじろうは東京でブレイクするかと思った矢先に急にメディア出演が少なくなった過去があります。あまりにも重鎮の明石家さんまとキャラが被っていたことで、テレビ局が“さんまは2人もいらない”と受け付けなかったという声はありましたが、裏では芸人仲間やスタッフ受けが悪いというウワサも少なからずありました。その真偽は定かではありませんが、そうだとしたら今回のイチャモンは起死回生。してやったりかもしれませんね」(週刊誌ライター)

 騒動後、ぜんじろうのツイッターのフォロワーが5000人近くも増えたということからも、やっぱりこの喧嘩はぜんじろうの一人勝ちなのか?でも、そんな結果に納得がいってないのがネット民たちで、「(ぜんじろうが言うように)先に芸人になった人が先輩なら、子役が芸能界じゃ一番偉いってこと?」「吉本ルールを押し付けてるだけ」「付き合う義理はないと思う」「むしろ2歳も年上の太田さんになんでそんなに偉そうなことが言えるの?」と、正論ぽい意見やぜんじろうへの批判が急増中だとか。

 この50代対決は、いつ鎮火するのか?

(塚田ちひろ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング