福山雅治、好発進の「集団左遷!!」の成否は「中村アンしだい!?」な理由

アサ芸プラス / 2019年4月22日 17時58分

写真

 4月21日、福山雅治の主演ドラマ「集団左遷!!」が初回視聴率を13.8%と好スタートを切った。

 TBS関係者が語る。

「福山さんにとっては3年ぶりの主演ドラマ、しかも21年ぶりにTBSのドラマに出演するということもあって、局内では15%大台を期待する声も大きかった。それでも、これまでイメージを覆すコミカルな演技で福山さんの新境地が評価されたということ」

 大河ドラマ「いだてん」を始め、視聴率1ケタが珍しくない時代に、人気者の底力を見せつけたことになりそうだ。

 芸能デスクが説明する。

「ドラマは当初から廃店が決まっている銀行に赴任した福山支店長が個性豊かな支店員たちと理不尽な組織の指令に立ち向かう下克上ドラマです。主演・福山以外に、副支店長に『半沢直樹』の大和田常務役の香川照之、エリート行員・神木隆之介、妻役に八木亜希子などキャストは万全な名前を配している。それでも、やはり、市村正親、三上博史などの上司を相手に福山がどう立ち向かうかが見せ場となリます。福山は3年前のドラマ『ラブ・ソング』(フジテレビ系)が大爆死しているだけに、TBS移籍1発目でなんとか当てたいところでしょう」

 吹石一恵との結婚で「福山ロス」騒がれてから4年。独身女性ファンの人気を独り占めした福山だが、

「いざ撮影現場に入ると、特にプレッシャーを感じている様子はないそうです。休憩時間には香川など共演者と軽口を叩いて和気藹々した雰囲気で撮影が進んでいますよ。お得意の下半身ネタも絶好調、共演する元ヤン行員役の中村アンに興味深々で、『あの髪の毛のかき揚げ方はぐっとくる。寝てみたい』とアンちゃんをベタ褒めしています」(ドラマ関係者)

 ドラマの主役を「ヤル気にさせる」中村アンの活躍に期待しよう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング