民放美女アナ「仁義なき派閥争い」でわかった激震MAP<迷走する「フジ」の核心>(2)久慈暁子が派閥形成?

アサ芸プラス / 2019年5月26日 17時57分

写真

 さらに「旧カトパン派」出身の久慈暁子アナ(24)が「めざましテレビ」で共演する先輩の永島優美アナ(27)を抱き込んで「クジパン派」を設立。さらにはスポーツ担当から「グッディ!」の進行役になった宮澤智アナ(29)と電撃和解を果たして、「旧カトパン派」の第3勢力として注目されるようになった。

「クジパン派は、スポーツアナを目指しているという点と、アンチ宮路で一致している。久慈アナは情報番組メインですが、大谷翔平の幼なじみというフレコミもさることながら、プロ野球・ヤクルトの原樹理投手との半同棲が発覚するなどスポーツ選手との交遊関係が広い。フジ内部では代々『めざましテレビ』出身のキャスターは仲がよくて結束力が強いので、宮路一派は孤立している。東京五輪のキャスターもカトパンがメインに選ばれる雲行きで先細りは確実です」(フジ社員)

 だが、旧カトパン派が分裂する中で存在感を増しているのが、旧ショーパン派改め「ゴルフ会」と呼ばれる組織だ。

「メンバーは、17年に退社した中村仁美(39)を中心に、趣味のゴルフに後輩アナを誘い、メンバーを増やしてきた。顔ぶれは、石本沙織アナ(38)、戸部洋子アナ(38)、斉藤舞子アナ(38)らで一見、地味なメンバーばかりのようですが、厳しいアナの世界を生き抜く中堅どころの図太さで意外とアナウンスルームではブイブイいわせてます」(フジ社員)

 だが、ほとんどのメンバーは「旧カトパン派」と一線を画してきたショーパン派のメンバーでもあった。ところが‥‥。

「もともとショーパン派は、カトパンと中村光宏アナを取り合って以来、犬猿の間柄となったショーパンこと生野陽子アナ(35)が中心となっていた。ところが、ショーパン自身はあんまり派閥に興味がなかったようで、14年に結婚して以来、独立。その後を継いだ中村が次々とスカウト。今やフリーアナも取り込んでいて、中村の影響力はフジを辞めても健在ですよ」

 複雑な人間模様を織りなすフジの女子アナたち。一枚岩にまとまるまでにまだ時間がかかりそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング