“お天気お姉さん”皆藤愛子は中学、高校時代の田中圭の1学年先輩だった!

アサ芸プラス / 2019年6月7日 9時59分

写真

 6月2日放送の「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)に出演した皆藤愛子。早稲田大学文学部在学中の2005年4月から「めざましテレビ」(フジテレビ系)の4代目お天気キャスターに就任。ピンクの“もふもふ”が付いたマイクが似合う愛くるしいルックスから大人気となり、オリコンの「好きなお天気キャスターランキング」では男性も含めては3回連続総合2位、女性のみのランキングでは3回連続1位を記録。「好きな女子アナランキング」でも3位を獲得しており、2種のランキングにランクインしたのは皆藤が史上初。さらに現在でも皆藤のみの記録となっている。

「番組では、2歳の頃から20歳までプライベート写真で構成された履歴書が公開されたのですが、いちばん写真を撮っていたと推測される16歳から19歳まで、つまり、青春を謳歌したであろう高校時代プラス1年分の写真がポッカリ抜け落ちていたんです。皆藤いわく、ルーズソックスをはき、お化粧をしていたようなキラキラ女子ではなく、ひっそりと地味に過ごしていたそうですが、それを証明する写真が1枚でいいから見せてほしかったですね。また、ブレイク中の田中圭と同じ渋谷教育学園幕張中学、高校に通っていたそうですから、早生まれで現在35歳の皆藤は田中の1学年先輩として6年間の学生生活を過ごしたということになります」(女性誌記者)

 田中が高校時代の“自称・地味な皆藤”を覚えているか聞いてみたいものだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング