マトリが狙う個性派俳優Yとは?「東京五輪までに逮捕される」芸能人の顔ぶれ!

アサ芸プラス / 2019年6月11日 5時58分

写真

 6月5日、東京・霞が関にできた1266人もの長い行列が、社会的関心の高さを物語っていた。

「裁判所前にはテレビの中継車が何台も停まっていました。こんなに報道陣が集まったのは、3年前の清原和博(51)のシャブ裁判以来ですよ」(裁判ウォッチャー)

 この日は、3月に法律違反の薬物を摂取したとして逮捕・起訴されたピエール瀧被告(52)の初公判。2週間前の5月22日には元KAT-TUNの田口淳之介被告(33)と、内縁の妻である小嶺麗奈被告(38)がそろって法律違反の薬物の取締法違反容疑(所持)で逮捕されたこともあり、芸能界の薬物汚染を強く印象づけることとなった。

 社会部記者が言う。

「先月には、文部科学省のキャリア官僚を、やはり法律違反の薬物の取締法違反(所持)で現行犯逮捕していますが、ここまで大捕物が続くのは異例。東京五輪を来年に控えた今、風紀の引き締めを世間にアピールするために、見せしめで逮捕される有名人は、今後も出てくるはずです」

 捜査網の拡大がささやかれる中、徹底マークを受けているのが、過去に法律違反の薬物を肯定する発言で話題になった個性派俳優のYだ。警察関係者によると、

「昨年、国内にあるYの自宅マンションにマトリがガサをかけて空振りに終わったのは有名な話。しかしマトリはあきらめていない。日本帰国時、定宿にしているビジネスホテルがあって、そこでブツの取引を行なうともっぱらの噂。担当捜査員は『所持の現場を絶対におさえる』と息巻いていましたよ」

 ある芸能関係者は別の人気俳優の名を挙げた。

「『逮捕が近い』とささやかれている人物がいます。捜査関係者から流れてきたヒントが、『イニシャルがT』『18年にブレイク』なのですが、憶測が憶測を呼ぶ事態に」

 そんな中、売れっ子俳優Tにまつわる目撃情報が飛び込んできた。

「西麻布にGという芸能人御用達の会員制バーがあるのですが、昨年、そこでTが大暴れをしたというんです。このバーでは法律違反の薬物を摂取しても、目をつぶってもらえるのですが、Tの場合は薬物が効きすぎて前後不覚に陥り、『これは危ない』と出禁になったんです」(芸能記者)

 6月11日発売の「週刊アサヒ芸能」6月20日号では売れっ子芸能人にまつわるアブない噂を徹底追跡。次に逮捕される候補者リストをアブリ出している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング