宮迫、「闇営業ギャラは100万円」報道が本当なら納税の義務も果たしてない!?

アサ芸プラス / 2019年6月19日 11時15分

写真

 入江慎也があっせんした“闇営業”に出演しながらも“ノーギャラ”を強調していた雨上がり決死隊の宮迫博之だったが、6月18日発売の「FLASH」で、その疑惑がさらに濃厚になる「新事実」が報じられてしまった。

 記事では“闇営業”事件に深くかかわったというA氏が証言。それによれば、A氏は、“闇営業”の相手先である詐欺グループの「金庫番」で、入江と、問題となっている詐欺グループの忘年会への出演ギャラなど、金銭面の交渉をしたという。その交渉段階で入江が提示したのは「帯3本(300万円)」で、内訳は「宮迫さんに100万円を渡し、入江さんが10%の30万円、残りの170万円をほかの芸人さんたちで分ける」と説明されたというのだ。

 そしてA氏は、詐欺グループ内に4つある表の会社を使い「前払いで、入江さんのM銀行の口座に300万円を振り込みました」と証言しているのである。

 この報にネット民は「宮迫アウト」の大合唱に。

「100万円を入江が宮迫に渡していたことが本当なら、問題はさらに深刻です。3万円や5万円くらいなら“お車代”で済むかもしれませんが、100万円はさすがに高額で、そういう言い訳も通用しないでしょう。また、金額の多寡に限らず宮迫は“もらってない”と言っているわけですから、ギャラが発生していたことが本当なら、所得申告をしていない可能性があります。そうなると“所得隠し”を疑われることにもなるでしょう」(芸能ジャーナリスト)

 所属事務所の吉本興業は、宮迫に対し、厳重注意にとどめているが、それでは済みそうもない雲行きになってきているようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング