長寿番組の原動力「深夜番組のエロ企画」伝説

アサ芸プラス / 2013年3月27日 9時54分

 女性リスナーのエロ体験告白や女性とのテレホンセックスまで‥‥。長寿番組の原動力の一つとも言える深夜番組のエロ企画。伝説のやり取りを厳選した!

 エロ企画を多数生み出しているのは、やはり深夜ラジオの雄「オールナイトニッポン」。「ビートたけしのオールナイトニッポン」(81~90年)で伝説となっているのは、画期的な男女のオナニー方法を募集する「たまきん全力投球、おなきん全力投球」。「アソコをトイレットペーパーに差し込み、紙を出しながら芯を回転させ、アソコと芯の摩擦で快楽を生む」など、バカバカしくも秀逸な“オナ技”がここから多数誕生した。

 また同時期に放送されていた「とんねるずのオールナイトニッポン」(85~92年)では、リスナーと生電話でエロ話をするコーナー「電話でハメっこ」が人気だった。とんねるずが引き出すエロトークは強烈で、時には放送中にリスナーが彼氏とコトに及んでしまうハプニングもあった。

 関西の深夜番組「MBSヤングタウン」(67年~)で懐かしいのが「女性立ち入り禁止コーナー」。「巨大なものが、N子の小さな花びらに押し込まれていったのです」といった読者のエロ投稿をチンペイ(谷村新司)とばんばん(ばんばひろふみ)が興奮して聞くさまは、リスナーの妄想を強くかきたてたものだ。

 そんなエロの流れは現在も健在。「JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、95年~)の昨年7月の放送では、1週間、リスナーとともに自慰行為を禁止する「オナ禁データランド」を企画。禁欲に挑むリスナーから「石原さとみが歯磨きをしているシーンに股間が反応」といった報告が続々届き、伊集院も「(性欲を)忘れるために家で白玉団子を作った」と、オナ禁生活の様子を告白。

 また、ともに木曜深夜の同時刻に放送されている「ナインティナインのオールナイトニッポン」( 94 年~)と「木曜JUNKおぎやはぎのメガネびいき」(06年~)は、今年の2月21日にエロ企画で激突。ナイナイは「セフレは突然いなくなる! エロの経典」と題し、ゲストに大久保佳代子(41)を迎えて「その日に抱かれてもいいと思うことはあるのか?」など、際どい質問をぶつけたのだが、実は当初この企画は壇蜜(32)にオファーして断られたとか。

 一方、おぎやはぎは「まさかのセクシーバラエティ! 正解するまで感じま10!!」と題し、ゲストには壇蜜が登場、壇蜜が“感じるセリフ”をリスナーが予想し、正解すると「ねぇ、それ指じゃないよね‥‥」という壇蜜のささやきが全国に。

 今も昔もエロ企画は深夜ラジオの華。何かとエロにうるさい世間の風潮に負けず、今後も続けてほしい。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング