「ラジエーションハウス特別編」、高視聴率も“ブーイング”が続々だったワケ!

アサ芸プラス / 2019年6月26日 17時58分

写真

 6月17日に最終回を迎え13.8%の高視聴率で幕を閉じた窪田正孝主演ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)。

 翌週の6月24日には、同ドラマのSP版「ラジエーションハウス特別編~旅立ち~」が放送され平均視聴率は15.6%を記録した。

 この予告編としては、アメリカに飛び立った医師免許を持つ天才診療放射線技師の主人公・五十嵐唯織(窪田)が、飛行機の中で機長が倒れるというアクシデントに見舞われる。だが、2時間放送の30分以上が、これまでの放送の回顧シーンだった。

 この編集に対し、視聴者からは「飛行機内でのエピソードはフリで、あとはほとんど総集編だったという内容のないお粗末な特別編。みごとに予告にだまされた」「役者さんには申し訳ないけど無駄な2時間だった」「期待しただけに残念。回想で終始イライラ」「なんか無駄な時間を過ごした」など“時間を帰せ”の大合唱とブーイングが飛び交った。

「CTやMRIなどの放射線室がない飛行機の中で、五十嵐が医師としてどう患者と向き合うのか、アメリカで活躍するシーンが見られるのか、などラジハファンは様々な期待を寄せていました。ところが、回想シーンばかりが何度も流れ、視聴率こそ高かったですが、満足度の低さは半端ではなかったようです」(テレビ誌ライター)

 人気ドラマだっただけに、その最後の放送でミソをつけてしまったのが残念でならない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング