ワンピース、座頭市キャラの波紋「前号で告知がされなかった」

アサ芸プラス / 2013年3月28日 9時54分

 日本で最も売れている国民的漫画「ワンピース」が突如休載。「作者急病により」と発表しているにもかかわらず、その理由を巡って憶測が乱れ飛んだ。何でも、名作映画の主人公に類似したキャラが登場したことで「議論」沸騰しているというのである。

「ONE PIECE」(以下「ワンピース」)は、97年から「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートした。

 現在は69巻まで単行本が刊行されているが、累計発行部数は約3億部と、日本漫画史上最も売れている作品なのである。

 アニメも単体作品としては異例となる99年からの長期放映を続けている。そして映画もドル箱で、正月に公開された最新作も、興行収入60億円を超える大ヒットとなった。

 もちろん、作者の尾田栄一郎氏(38)も億万長者だ。

「都内屈指の高級住宅街に建てた、関係者が『尾田ニーランド』と呼ぶ大豪邸に住んでいます。ホームパーティに呼んでいただきお邪魔したのですが、100人以上が詰めかけても余裕の広さで、邸内にワンピースのグッズが取り放題のクレーンゲーム機まで設置してあったのにはドギモを抜かれました」(テレビ関係者)

 数々の金字塔を打ち立てた国民的漫画「ワンピース」だが、それでも知らないという読者のために少々説明しよう。

 物語は、「海賊王」を目指す少年・ルフィが、一筋縄ではいかない難敵たちとバトルを繰り広げながら、個性豊かな仲間たちと友情を育んでいく冒険活劇だ。

「ワンピース」に関しては同人誌の類いまで読み尽くす、アニメオタク芸人「三平×2」氏が解説する。

「ストーリーがよく練られていて、一度読み始めたら世界に引き込まれてしまう。しかも、節目節目で涙が止まらなくなるほど感動させられます。漫画喫茶で号泣してしまい、屈強な黒人男性に『ダイジョウブデスカ』と心配されたこともあったほどです」

 単行本の発行部数でもわかるように、毎週、次の展開を楽しみにしている読者が日本全国津々浦々にいるのだ。

 そんな同作品が、ジャンプ2013年16号(3月18日発売)で〈作者急病により〉という理由で休載された。

 この休載がいかに突発的なものであったか論じるのは、さる出版関係者である。

「これまでも『ワンピース』が休載されたことはありますが、全て前号で告知がなされていましたからね。しかも今回は、目次にタイトルが掲載されている。いかに急を要したアクシデントだったかがわかります。ジャンプでは通常、数本先までストックを用意している。同作の休載は売り上げを左右する大問題ですから、病気で1週穴をあける程度であれば、連載を飛ばさずストックで賄えたと思うんです」

 つまり、別の理由により、やむなく掲載を見送らざるをえない問題が起きたのではないかというのだ。

 そしてインターネットの掲示板上に、事情を知る者が断定したような、こんな書き込みがされたのである。

〈尾田急病じゃなくて、勝新の版権が問題になってこれ以上掲載できなくなってる。勝新の扱いともう発行してしまった問題をどう解決するか議論中〉

 実は休載前の15号で、誰もが知る名作映画「座頭市」の主人公を演じる、故勝新太郎(享年65)に酷似したキャラクターが登場していたのである。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング