テリー伊藤対談「大場美奈」(2)自分から謹慎するなんて辛かったな

アサ芸プラス / 2019年8月30日 9時57分

写真

テリー それまではだいたい何位ぐらいだったの。

大場 デビューした年は35位だったんですが、年々落ちていきましたね。60位くらいまでいったこともありましたし。

テリー ああ、新メンバーがどんどん出てくるしね。

大場 それもありますし、デビュー2年目の19歳の時に謹慎したりしましたから‥‥。

テリー そんなことがあったんだ、知らなかったな。

大場 いえ、大丈夫です。まだデビュー前の、忘れてそのままにしていたブログが出てしまったんです。

テリー それは、どういう写真が出ちゃったの?

大場 それが、写真は出ていないんですよ。

テリー じゃあ何が問題なの。

大場 今だったらSNSでの炎上なんかがありますけれど、その頃は「2ちゃんねる」が全盛で、そこに過去のブログの情報が書き込まれてしまって。そのことからファンに「先輩メンバーたちの顔に泥を塗った」みたいな感じで一気に責められる形になって。

テリー デビュー前の話で写真もないわけでしょう? 峯岸(みなみ)とか指原(莉乃)の時より、全然かわいい話だけどな。

大場 当時、AKB48のスキャンダルが全然出ていなかったことも大きかったんだと思います。前田敦子さん主演のドラマにも出させてもらって、本当にこれからという時期でしたから、ショックでしたね。私、グループで最初の謹慎メンバーになったんですよ。

テリー AKBの歴史に思わぬ記録を刻んでしまったわけだ。

大場 周りはそのまま活動を続けましょう、という感じだったんですけれど、私自身がもう精神的にまいって、家から出られなくなってしまったので、秋元(康)先生に「謹慎させてほしいです」って直談判しました。

テリー 自分から言いだすなんて、そこまで追い込まれていたのか。かわいそうに。

大場 騒ぎが起こったのが11年の9月で、「とりあえず年内(の休業)はお願いします」と伝えて、自分の部屋の鍵を閉めて、完全に閉じこもっていました。

テリー そういう状況だとメンバーが出ているテレビなんかも見られないよね。

大場 1回もつけなかったです。年末特番が多い時期でしたし、みんなが歌ったりCMに出ているのが目に入るだけで嫌でした。

テリー そこまで苦しい中で、よく辞めようと思わなかったね。

大場 正直、心も折れていたのでそれも考えました。でも、4回目のオーディションでやっと合格して憧れのアイドルになれたばかりでしたし、メンバーやスタッフのみんながずっと励ましの声をかけ続けてくれたので、徐々に「また頑張りたい」という気持ちを取り戻すことができました。あと、秋元先生のアドバイスで、12年の1月1日に福島県の「奇跡の一本松」を見に行ったんです。

テリー 東日本大震災が起きて、まだ1年もたってない頃だ。

大場 はい。そこでたくさんの瓦礫や、学校の近くにランドセルや靴が流されたままの状態で残っているのを見て、「自分の悩みは本当にちっぽけだったな」って思い知らされました。

テリー 大場さんよりもっと苦しい人たちが立ち上がろうとしているんだ。そんなことでへこたれていられないよな。

大場 はい、またゼロから頑張ろうと思えましたし、そこからは一アイドルとして強い存在でいよう、と心がけていますね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング