山田孝之「艶系ビデオ帝王を熱演」ドラマが話題沸騰も「配信停止の懸念」が!?

アサ芸プラス / 2019年8月26日 17時59分

写真

「制約の少ないNetflixだからこそ作れた傑作。テーマが過激ということも含めて、テレビ局主導では絶対に作れないすさまじい作品ですよ」

 と興奮を隠さず話すのは、ある映画ライター。山田孝之が主演を務め、有吉弘行や太田光ら芸能人も絶賛しているドラマが称賛を浴び続けている。

 本橋信宏氏の「全裸監督 村西とおる伝」を原作として、バブル期に「艶系ビデオの帝王」と称された村西とおる監督の生き様を描いたこのドラマ「全裸監督」は、8月8日から動画ストリーミングサービス「Netflix」で配信されるや、ネット上で大きな話題となり、すでにシーズン2の制作も決定している。

 冒頭の映画ライターが、さらにこう続ける。

「『どこまでがフィクションで、どこまでがノンフィクションか』がわからない展開が最大の魅力。山田孝之の“怪演”から目が離せず、一気に全話見てしまいました」

 まさしく大絶賛の同ドラマだが「実は『非常に心配なこと』があるんですよ」と同ライター。いったい何が心配なのか。

「この作品では、女優の森田望智が“伝説の艶系ビデオ女優”黒木香を演じていることも話題になっています。ですが、制作にあたってNetflixサイドは、一部メディアの、黒木さんの同意を得たかどうかなどの質問に対して『黒木さんご本人は関与されていません』と回答。つまり黒木さんの同意を得ていないようなんです。もし仮に黒木さんがこの作品をプライバシー侵害で訴えることがあれば、『配信停止』となることもあり得ます」(前出・映画ライター)

 シーズン2の行方は。

(牧マコト)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング