「あな番」西野七瀬の正体を隠しきった制作陣のファインプレーとは!?

アサ芸プラス / 2019年9月10日 15時55分

写真

 9月8日に放送された「あなたの番です」(日本テレビ系)の最終回にて、連続殺人事件の犯人が女子大生の黒島沙和(西野七瀬)であることが明かされた。その黒島は主人公の手塚翔太(田中圭)や大学院生の二階堂忍(横浜流星)を前に、みずからの犯行について説明。そのモノローグに沿って、犯行時の再現映像が映し出され、視聴者を驚かせていた。

「次々と殺人を犯す黒島は『人を殺すことを愛している』との言葉通り、愉悦の笑みを浮かべながら犯行に手を染めていました。ただでさえ類まれなる美人なのに加え、快楽殺人に身を任せる姿には鬼気迫るものがあり、視聴者から《恐怖に身の毛もよだつとはこのことか!》との声が出たのも納得でしょう」(テレビ誌ライター)

 全20話の長丁場だった本作にて、最終回で一挙に明かされた殺人の現場。まさにクライマックスにふさわしい最終回となったが、その放送を大きく盛り上げる原動力となったのは、制作陣によるファインプレーだったという。テレビ誌ライターが続ける。

「各犯行の回想シーンでは第4話の赤池夫妻にしろ第7話の浮田にしろ、その犯行現場にて黒島が殺人を実行した場面が描かれていました。すなわちこれらの殺人場面は第4話や第7話の収録と同時に撮影されていたわけです。そうなると『あな番』の関係者はかなり早い段階から連続殺人事件の黒幕が黒島(西野)であることを知っていたことになり、実に3~4カ月の長きにわたって情報漏れを防いでいたことになります。しかしドラマの関係者は相当な人数に及びますから、その全員に対して口止めを徹底できた背景には、制作陣による不断の努力や気配りがあったことは想像に難くありません。SNS全盛時代の現在、この徹底したかん口令には敬意を表したいですね」

 そんな情報統制のおかげで、視聴者が毎週の考察を楽しめたことは間違いない。今頃、本作の制作陣は、張り詰めていた緊張感からの解放感を味わっているのではないだろうか。

(金田麻有)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング