女子アナ新馬戦「“恥”公開度」をナマ実況(2)テレ東・田中瞳は「モヤさま」でこそ光る

アサ芸プラス / 2019年9月28日 17時57分

写真

 同じくテレ東で、学生時代からバッチリ調教されていたのが田中瞳アナ(23)だ。

「学生時代は『ミス成城大学コンテスト2016』で準グランプリを獲得したほか、『news zero』(日本テレビ系)でお天気キャスターを務め、青年漫画誌の巻頭グラビアも飾っています。8月から出演中の『モヤモヤさまぁ~ず2』では、微乳ながら毎回のように胸チラのハプニングを見せてくれるだけに、早くも新人おっぱいクイーンになりそうな逸材です」(丸山氏)

 ちっぱい谷間でも連発すれば、もやもや気配誘発だ。

 伏兵ながらジリジリと馬群を引き離そうとしているのが、TBS・若林有子アナ(23)だ。

「学生時代に『第1回夢の種オーディション』で選抜され、女子アナの登竜門セント・フォースに所属した女子大生キャスターで、『週刊朝日』の表紙モデルも務めています。高校まで米ニューヨークで過ごした帰国子女ですが、関西出身のおっとりした雰囲気の癒やし系が魅力」(丸山氏)

 9月30日スタートの朝の情報番組「グッとラック!」に起用されるだけに注目度もグッとアップすること間違いないし。

 同僚の近藤夏子(かこ)アナ(23)も負けてはいない。学生時代はモデルだったのだ。

「2015年開催の『JJ専属モデルオーディション』でグランプリを受賞。ちなみに母親も元『JJモデル』という美女親子丼。クラシックバレエ、書道、ピアノが得意なお嬢様で、早くも『ビビット』の『SHOW撃30秒ニュース』コーナーで、スレンダーな肢体を披露していました」(丸山氏)

 日テレ新人には、滝川クリステル(41)、田中みな実(32)、小川彩佳(34)など、なにかと女子アナ界をザワつかせている青学出身の河出奈都美アナ(23)が控えている。

「惜しくも『ミスサークル2017』に出場して落選してしまいましたが、アイドル的な人気が見込めるルックスで、ネットでは番組担当前からかわいいと話題です。夏イベントの『超汐留パラダイス!』では絵本の読み聞かせに出演し、音読のバックで特技のフルートを熱演。悩ましげな口元で男性客を引きつけていました」(丸山氏)

 7月28日放送の「誰だって波乱爆笑」では、大好物の納豆巻きをパクリ。先輩・水卜麻美アナ(32)を超えるエロ食レポで、口元エロスの潜在能力を発揮していただけに、今後の肉弾ルポも楽しみだ。

 同じく日テレ・杉原凜アナ(22)はトモならぬ腰の張りで注目の的。

「フラダンスが得意で、同じ夏イベントでセクシーな腰つきを惜しげもなく見せつけて、観客の目を釘づけにしていました」(丸山氏)

 フジテレビのポツンと単枠入社は、東大医学部出身の藤本万梨乃アナ(23)。

「1年浪人して合格した苦労人。学生時代は『東大美女図鑑』に出演し、HISの『東大美女図鑑の学生が隣に座ってくれるキャンペーン』に登場しています。夏イベント『THE ODAIBA 2019』のオープニングセレモニーでは放水どっきりを仕掛けられて、山崎夕貴アナ(32)、永島優美アナ(27)、宮司愛海アナ(28)ら先輩と一緒に、衣装が透けるほどビショ濡れにさせられていました。ガタガタと震えながらも『アナウンサーの仕事って大変だなと思いました』とコメントし、笑いを取るあたりは度胸アリ」(丸山氏)

 障害レースも難なくクリア。さっそく女子アナいじりの洗礼を浴びた藤本アナは10月から「めざましテレビ」への抜擢が決まった。

「新人研修でハンバーガーをほおばり、『ガツッといきたい時にお勧めです』とばっちり食レポを決めていた。先輩アナにほめられた直後、思わず『イケてた~』とふだんの口癖を漏らすあたりに大物ぶりを予感させました」(織田氏)

 胸、尻、口‥‥使えるもの全てを投入してこそ女子アナトップの座に君臨できる。未来の看板アナのますますの激走に生ツバ期待だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング