「ウレシイ目的」だった!元AKB48島崎遥香、焼き肉店勤務の真の理由が明らかに

アサ芸プラス / 2019年10月2日 17時59分

写真

 やはり焼き肉店勤務は本当だった!?

 元AKB48の内田眞由美がオーナーを務める焼き肉店「焼肉IWA」で勤務していたという目撃情報がSNSで拡散されていた島崎遥香。

同店では現在はタレントとして再ブレイク中の西野未姫をはじめ、元AKBのメンバーがアルバイトとして勤務しているが、そんな同店で島崎が勤務しているというツイッターの投稿が写真付きで去る9月6日に掲載されていた。

 AKB卒業後は話題のドラマへの出演も目立っていたが、最近はテレビで見かける機会も減っているだけに、この投稿に世間からは「それだけお金に困っているの?」と、島崎の金銭面を心配する声が上がっていた。

 そんな島崎の焼き肉店勤務の真相について、9月27日に発売された「FRIDAY」で触れている。

「島崎の所属事務所も『焼肉IWA』でアルバイトをしていることは認めており、《社会勉強をしたいということで、本人自らの意思で働いております。 一般の方の気持ちなどをもっと理解するために、普通の社会人としてのお仕事も経験してみたいと本人は言っておりました》と、島崎のアルバイトをする理由について説明したようです。出勤後はタクシーで帰宅しているということですから、お金に困っているということはないようですね」(アイドル誌ライター)

 この報道にAKBファンからは「あのぱるるが接客業ってすごいな」「人との関わり合いを嫌ってそうなぱるるがアルバイトって、一体何があった」「オレもぱるるの接客を味わってみたい」などといった声が上がっており、興味津々のようだ。

「25歳になって今頃社会勉強なのか? というツッコミもあるようですが、塩対応でお馴染みのぱるるが笑顔で常連客と談笑する姿も見られていたようですから、それなりの強い意思をもって勤務しているようですね。それだけで島崎にとっては大きな一歩になったことでしょう」(前出・アイドル誌ライター)

 この焼き肉店勤務の経験が島崎の今後にどう生かされていくのか、注目だ。

(本多ヒロシ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング