木村拓哉、日曜劇場ドラマの相手が「五十路女優」におさまったワケ

アサ芸プラス / 2019年10月13日 17時58分

写真

 木村拓哉主演の「グランメゾン東京」(TBS系)が20日からスタートする。TBS関係者が明かす。

「動画配信の『Paravi 』 では、このドラマの放送を記念し、木村の過去に主演した『ビューティフルライフ』(00年)、『GOOD LUCK!!』(03年)、『MR.BRAIN』(09年)、『A LIFE』(17年)などを配信を始め話題づくりに余念がありません」

 天才パイロット、天才外科医などに続く木村の役どころは天才シェフ役だ。

「白いコック衣装はかつてのビストロスマップを連想させるだけに往年ファンにとっては歓迎されるハズ。連ドラとしては異例の豪華パリロケを敢行し、初回2時間放送。主題歌はクリスマスシーズン鉄板の山下達郎とキムタクにドロを塗らないための全方策がほどこされている」(前出・関係者)

 TBSでは過去にキムタクがまさかのアンドロイド役を演じ、あわや視聴率ひとケタ寸前となった失敗があるだけに二の徹は踏めない状況なのだという。

「毎回、キムタク主演ドラマで悩ましいのが相手役の女優です。平成の視聴率男のキムタクでも近年は数字が悩みの種で失敗すると共演女優がその元凶と言われてしまう。低視聴率女優の汚名を擦り付けられることを嫌ってキムタクと共演をNGとする女優は増えているんです。前回の『A LIFE』では最後まで女優が決まらず、ギャラを吊り上げたうえでようやく竹内結子に決まったが、今回はふさわしい相手役が最後まで決まらず、年上ながら『華麗なる一族』(07年)で共演した鈴木京香に決まったようです」(前出・関係者)

 限られた材料でどう調理するか。天才シェフの腕のみせどころだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング