ベッキー、「新ドラマで演じる役柄」に視聴者が“拒否反応”示したワケ

アサ芸プラス / 2019年10月16日 9時59分

写真

“大人に向けた本格派ドラマ”をコンセプトに、フジテレビが毎週土曜日夜11時40分から放送している「オトナの土ドラ」シリーズ。12月7日からは要潤主演「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~」が放送されると発表された。

 同作は、人気作家・中山七里の「御子柴礼司シリーズ」が原作の推理もの。裁判に勝訴するためなら、どんなに悪辣な手段も講じる御子柴弁護士を要が演じる。そして、御子柴の事務所の事務員・日下部洋子にはベッキーがキャスティングされた。

 この報道に、ネット上では「要潤は仮面ライダーの時代から好きだが、ベッキーが出るなら見ない」「ベッキーが出演ってイライラする」「芸能界には素敵な女優さんがたくさんいるのに、よりによってどうしてベッキーを使うのかな」「原作がとても素晴らしいので、残念の一言です。不貞の後のイメージが焼き付いていてドラマに入り込めないと思います。役柄も原作のイメージとかけ離れています」など“ベッキー不要”の大合唱だ。

「ベッキーは7月26日から9月27日まで放送されていた多部未華子主演『これは経費で落ちません!』(NHK)に出演していました。この時も拒否反応はありましたが、横柄な態度の秘書という嫌われキャラだったので、大きな批判にはなりませんでした。けれども、日下部は常に一生懸命でまっすぐで思いやりのあるという人物像です。しかも主要キャストなので、拒否反応は強いと思います」(テレビ誌ライター)

 ベッキー本人は、弁護士役かと思ったら事務員だったとガッカリしたそうだが、原作ファンはオファーを断ってほしかったようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング