吉岡里帆出演「帰れマンデー」最後のお風呂シーンに批判が殺到したワケ

アサ芸プラス / 2019年10月16日 14時45分

写真

 10月14日放送のバラエティ番組「帰れマンデー見っけ隊!!」(テレビ朝日系)に、吉岡里帆、賀来千香子、古市憲寿がゲスト出演した。今回、吉岡らは群馬を旅したという。

「番組では、MCのタカアンドトシとゲストが群馬の鉄道の沿線で寿司屋を探すという企画を行いました。そんな中、吉岡はこの日、胸元から肩にかけて肌の透けた衣装で登場したため、『艶っぽくて素晴らしい!』と、視聴者をクギヅケにしました」(テレビ誌記者)

 今回、吉岡らはアポなしで寿司屋を探したため、なかなか店が見つからず、過酷を極めた。だが、なんとか寿司屋を見つけ、最後は旅の疲れを癒やすために温泉へ。しかしそのシーンにおいて、一部視聴者から批判が殺到したという。

「番組は後半になると『この後、ついに山奥の秘湯! ひっそり一軒宿へ』という煽りVTRや、右上にそのテロップを常に表示するなどして、温泉場面があることを何度も予告。そのため多くの視聴者が、吉岡の入浴シーンが見られるのではないかと期待していました。しかし最後に温泉に登場したのは、タカトシの2人だけで、女性ゲストのお風呂シーンは一切なし。するとSNSやネット掲示板は『おぉぉぉい! そりゃないよ!』『里帆ちゃんの入浴シーンのためにチャンネル変えなかったのに!』『テレ朝に騙された!』と、怒りの声で埋め尽くされ、大荒れ状態となりました」(前出・テレビ誌記者)

 吉岡は近年、水着グラビアの仕事から離れているため、彼女の肌見せシーンを待ち望んだ男性が多かったようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング