坂口杏里、「個人情報さらし」「女性YouTuber喧嘩挑発」「結婚報告」カオス言動!

アサ芸プラス / 2019年10月21日 17時59分

写真

 動画のネタだとしてもスケールがぶっ飛んでる!?

 9月にYouTuberデビューを果たした坂口杏里の言動にネット民がザワついている。

 8月28日には元交際相手の自宅マンションに無断で侵入したとして2度目の逮捕となるも、謝罪動画がバズったことからYouTuberデビューしたと世間からは見なされている坂口だが、YouTuberとしてのネタ作りなのか、SNSで驚きの行動を見せている。

「11日に更新したツイッターでは《プライベートLINE 公開しますー みんな友達になってー なにか文句ある人いたら直接ラインして》と綴り、プライベート用のLINEのQRコードを公開。純粋に友達が欲しいところもあるようですが、ツイッターにも批判が多く寄せられることから、批判するなら、さらされる覚悟を持って、LINEを送ってこいということでしょう。それでも元芸能人がプライベートのLINEを誰でも連絡できるように公開するということは前代未聞ですし、今まで坂口を批判してきたネット民たちも警戒して、うかつには坂口のLINEにメッセージを送れない状態のようですね」(エンタメ誌ライター)

 実際、坂口は同日に〈みんなにお願い!このままLINE登録して待ってて下さい!! 企画で急にメッセージやLINE電話であなたに連絡するかも〉とツイートして、自身に送られてきたメッセージが一覧でわかるようにLINEのトーク履歴のスクリーンショットを公開。

 やはりプライベートLINE公開はYouTubeの企画が関係しているようだが、そのスクリーンショットでは、メッセージを送ってきたユーザーのLINEのプロフィール写真はスタンプで隠されているものの、LINEのユーザー名がバッチリとわかるようになっており、本名で登録していると思われるユーザーもいたことから、世間からは「名前さらされてるやん」「なんかここまで来ると怖い」「やっぱり、この人非常識だな」などといった意味の声が上がっており、やはり坂口は普通の人とはかけ離れた規格外な人間だとヒシヒシと感じているようだ。

「さらに16日の投稿では《てかさー。ヘラヘラ三銃士?まりなって子、私とキャラ被りしてない?》と、女性YouTuberグループ『ヘラヘラ三銃士』のメンバー『まりな』が自身とキャラがカブっていると指摘。続けて、《あなたに100万円をもらう資格ないと思うんだよね しかもコイツも歌舞伎町で飲み歩いてるから絶対酒に金使うタイプ》と綴っており、まりなが自身同様に“青汁王子”こと三崎優太氏の100万円プレゼントに応募していることに腹を立てているようです。しかし、この坂口の投稿には『全然キャラかぶってないじゃん』『まりなさんのほうが全然可愛いですよ』『百歩譲ってキャラかぶっていても、同族嫌悪ってことだろ』など、案の定、世間は呆れているようです。これにまりなは《坂口杏里ジワすぎん?wwww みんなからDM来て知ったわw 文句あんなら直接言って来いよ》と反応し、バトルに発展する予感がしますから、コラボ前のプロレスの可能性は高い。ただ、自身の好感度の低さを利用した炎上商法を平気で繰り出せる坂口はやはり特殊な人間に思えてしまう人が多いようですね」(前出・エンタメ誌ライター)

 その他にも自身の私物を高額で売ったりとお金稼ぎのためには手段を選ばない言動も話題になり、さらに、19日には、真偽は不明だが、炎上系YouTuberのシバターとのコラボして、2人が結婚すると報告し、新宿区役所に婚姻届けを持っていくという驚きの動画まで公開している坂口。ここまでくるとカオス状態で、むしろ清々しい部分もあるが、トラブルを起こして3度目の逮捕とはならないように気を付けてほしいところだ。

(田中康)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング