広瀬すず「なつぞら」後の「ドラマ不在」には“業界の法則”事情があった!?

アサ芸プラス / 2019年10月24日 9時59分

写真

 女優の広瀬すずが、10月17日、都内でアンバサダーを務めるクロックス・ジャパンの「2019年秋冬キャンペーン記者発表会」に登壇した。

 今年前半は、NHK連続テレビ小説「なつぞら」のヒロインを務めた広瀬。ドラマでは北海道で育った役だったが、1週間の休みが取れたら「ずっと1カ所で撮影していて、まだ知らない北海道もたくさんあると思うので見てみたい」と語った。

ただし朝ドラ後も多忙なようで、撮影終了後、すぐに野田秀樹主催の舞台「Q」に出演。来年1月には「Last Letter」、3月には「一度死んでみた」といった映画公開が控えているのだが、気になるのは、まだ新ドラマ出演情報がないことだ。

 これについて、「朝ドラ後の仕事の入れ方は難しいんです」と言うのは、芸能レポーターだ。続けてこう解説する。

「朝ドラヒロインの印象が強く残ってしまうためか、すぐにドラマや映画に出ると大概がうまくいかないんです。2016~17年の『べっぴんさん』主演の芳根京子は放送終了から約2週間後、17年~18年の『わろてんか』の葵わかなは、約3週間後に民放ドラマがスタート。有村架純も『ひよっこ』から約1週間後に主演映画が公開されましたが、いずれも成績はイマイチでした。逆に、『半分、青い。』の永野芽郁などは、約3カ月あけて出たドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)が大ヒットしている。朝ドラ後の映画、ドラマ出演は少し間を開けたほうが得策と言われているんです」

 広瀬の場合、舞台には出たものの、映画までは約3カ月開いている。なかなかうまいやり方と言えるだろう。

(鈴木十朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング