徳井義実の実態を暴露した土田晃之が“大ブーメラン”批判を食らったワケとは?

アサ芸プラス / 2019年11月1日 9時58分

写真

 タレントの土田晃之が10月27日、自身のラジオ番組「土田晃之 日曜のへそ」(ニッポン放送)で、お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実について話した。

 土田は、徳井と仲がいい芸人から聞いた話だとした上で、徳井が本当にズボラだと明かした。さらにその仲間の芸人たちが、「徳井がここまでひどいとは思わなかった」と話しているとも語った。

「『徳井がここまでひどいとは思わなかった』と話したのは、仲間の芸人なんですが、まるで土田が言ったかのように伝わり、批判が集まっているんです。『土田に言われたくない』『お前ほどじゃないだろ』との声が上がりました。とんだとばっちりですね」(芸能ライター)

 土田に同情する声も少なくないが、そもそもそんな勘違いをされる土田が悪いとの指摘もある。理由は彼の過去の言動だ。

「土田のコメントは時に、その場の思いつきのようなものがあるからです。昨年、巨人が原辰徳氏を監督にすると、『(監督を)生え抜き、古くない? 本当にさ、そういうのダサい』と切り捨てた。サッカーならまだしも、彼が野球に詳しいという話は聞いたことがありませんからね」(前出・芸能ライター)

 またカラテカの入江慎也の闇営業問題が発覚した際は、「入江にはもともと芸人としての代表作がない」と話し、これも「お前にもないだろ」との総ツッコミを受けている。

「そんな前例があるだけに、今回も『お前が言うな』の大合唱になりました。少し可愛そうですが、これも自業自得なのかもしれません」(前出・芸能ライター)

 いっそのこと芸能界のご意見番気取りはやめて、本来の芸事に専念したらどうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング