天才テリー伊藤対談「小峠英二」(2)相方の西村さんも変わっているよね

アサ芸プラス / 2020年1月17日 9時57分

写真

テリー お笑いで食べられるようになるまでは、バイト三昧?

小峠 ええ、ほぼバイトがメインです。月に何回かライブがあって、たま~にテレビ。そんなんですよ。

テリー そんな感じで生活はできていたの。

小峠 芸人って、徐々に忙しくなっていくことでバイトができなくなる一方で、収入自体は少ないから借金を重ねちゃうパターンが多いんですけど、僕なんかは本っ当に暇でバイトばかりしていたので、借金も何もなくて。そこだけはよかったです。

テリー プロフィールを見ると、学生時代はパンクバンドをやっていた、と。

小峠 そうですね、中学、高校の時はずっと。

テリー その頃はモテた?

小峠 いや、全然モテないですよ。そもそも、パンク好きの女なんかロクなヤツがいやしない(笑)。

テリー 福岡だと昔「めんたいロック」なんてムーブメントがあったくらいだから、そういう土壌がすでにあったのかな。

小峠 いやー、僕の地元はライブハウスがなかったので、仲間でホールを借りて5~6バンドで一緒にやるみたいなことが多かったんですね。オリジナル曲も作っていましたけれど、好きなバンドの曲を演奏するのが好きでしたね。セックス・ピストルズ、クラッシュ、ラモーンズとか、まあ、あの頃の王道のやつですけれど。

テリー そんな音楽少年が芸人を目指すのは、どういうきっかけから?

小峠 だって、お笑いはずっと僕の中で一番のものでしたから。バンドはあくまでも趣味で、そっちの方向に進もうとはまったく思ってなくて、小学2年生くらいから「芸人になる」って決めていたんですよ。

テリー それはすごいな。誰かに憧れて芸人になろうと思ったの。

小峠 最初はたぶんドリフターズですね。そのあとはやっぱりテリーさんの「天才たけしの元気が出るテレビ」と「ダウンタウンのごっつええ感じ」、その辺りの影響がかなり大きいと思います。

テリー 高校卒業後に大阪のNSC(吉本総合芸能学院)で、西村さんとコンビを結成するんだよね。

小峠 そうなんですが、あいつ、最初は面接で不合格だったんですよ。たまたまあいつの親父がよく行ってるスナックのママが吉本所属の演歌歌手とつながっていて、その縁で入ったっていう‥‥なんだよ、そのわけわかんない遠いルート!

テリー アハハハ、漫才のネタみたいな話だ。しかし西村さんって変わっているよね。

小峠 この間もこんなことがあったんですよ。飛騨へ営業に行かせていただいて、そこのイベンターの人が気を遣って、僕らを飛騨牛のおいしいお店に連れてってくれたんですね。

テリー へえ、それはよかったじゃない。

小峠 で、みんなが飛騨牛の焼肉やステーキを注文する中、あいつだけが「豚野郎」っていう豚肉のメニューを頼んだんですよ。豚野郎はてめぇだよ!

テリー ワハハハハ! 普通はお勧めされるまま、飛騨牛の料理を選ぶのに。

小峠 テリーさんだってそう思うでしょう? 「ここで豚を頼むかよ!」と。まあ、そこがおもしろいといえばおもしろいヤツなんですけどね。

テリー そうだよね、そう思ってなきゃ、ブレイクまで16年、一緒にコンビをやれないものね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング