キンタロー。「顔同様デカかった“艶出”をフライングゲット」

アサ芸プラス / 2013年7月19日 10時0分

 上半期最もブレイクした女芸人と言えばものまね芸人のキンタロー。(31)だろう。惜しげもないサービス精神で、バラエティ番組では欠かせないが、あられもないモノまで披露してしまったというのだ。

 ハプニングが勃発したのは、6月30日放送の「旅ずきんちゃん」(TBS系)でのこと。「初夏の南房総女3人のほほ~ん旅」と題し、キンタロー。は、友近(39)、福田彩乃(24)らと連れ立って千葉の観光地をツッコミ散歩。勝浦の漁港グルメや鴨川シーワールドなどを訪れ、最後は旅の疲れを癒やしに館山の旅館へ。

 宿では富士山が望める海辺の温泉で3人が入浴。

「クゥ~」

 とため息をつきつつ、湯船につかったところで、

「何かイケそう。今ならイケそうな気がする」

 とクビをポキポキ鳴らすと新ネタを披露することに。

 それまで浴槽に背中をもたれてゆったりとつかっていたキンタロー。が姿勢を正し、前面にせり出したその瞬間‥‥。さらしのように胸部に巻きつけた白いバスタオルがズリ落ちると、生地の合間からドス黒い影がポロッと飛び出したじゃありませんか。

♪ナーナーナーナナナナーナントよくよく見ると、乳輪フライングゲット! 顔のデカさは壇蜜の倍と称されるキンタロー。だけに、黒乳輪も親指大のデカさだった。

 そんな恥ずかしいハプニングを知ってか知らずか、キンタロー。はモノマネ芸をスタート。

「みーんなの視線を独り占め、チームKのまゆゆこと渡辺麻友デス」

 と、AKB48の渡辺麻友マネをしている最中も疑惑の黒い色素は画面から何度も見え隠れするのだった。

 はたして、初のセクシー“艶出”だったのか、事務所を直撃すると、

「エッ、今初めて言われました。現場に同行していないので何かはわかりませんが、生放送ではなく収録番組なので(ポロリ)事故ではないと思うのですが‥‥」

 真相は限りなく黒に近いということか?

 キンタロー。の人気ぶりについて、芸能デスクが語る。

「絶対的人気のAKBモノマネだけで人気が急騰したせいか、一部の先輩芸人から『調子に乗ってる』と批判の声まで上がってしまったが、芸能人になるまでの経歴、本名、すっぴん顔など一切偽りナシの姿勢が同性からの共感を得ている。とはいえ、十八番の前田敦子の泣きじゃくりマネだけではこの先厳しいだけに、ついつい張り切ってしまったのではないでしょうか」

 一発屋を回避するためにも、もう一発ポロリして白黒つけてみるしかないか!?

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング