掛布雅之×真弓明信(2)打線のバランスと確実性なら4番はマートン

アサ芸プラス / 2013年8月13日 9時59分

真弓 あと、マートンは他の球団からすれば4番じゃないんだよね。

掛布 巨人の阿部のような一発は、マートンには打てない。

真弓 4番ではなく3番バッターなんだよな。

掛布 とはいっても、他球団はマートンをかなりマークしていると思うよ。それでも何となく勝負してるのは、彼のホームラン数が少ないから。相手からするとインパクトがないんだよ。おまけに彼のヒットは、そんなに強い当たりじゃないし。

真弓 打たれた感じがしないよね。だから相手も勝負してくれる。結局、彼には4番的なイメージがまったくないわけ。

掛布 ただ、今の阪神の打線のバランスと確実性を重視すれば、4番はマートンしかいない。

真弓 監督をやってた時にノーアウト二塁で城島が打席に立ったことがあったんだけど、試合が終わって「あれは右打ちじゃないんですか」と聞いてきて「バカ。お前、ランナーを進めるって考えたら、インコースを狙わなあかんやろ」って。4番をはじめとしてクリーンナップを任されるバッターは、点を入れることを考えるから、苦しいなと思ったら引っ張ってくれるもんなんだよ。

掛布 追い込まれた中で自分の状態と相手投手の球を考えて、これは厳しいとなったらホームランをあきらめて、引っ張ったほうがいいと判断しなきゃね。

真弓 それが4番だもん。

掛布 でも、今の選手は「右に打て、右に打て」と考えすぎてる。右に打てば言い訳ができるからね。1球目からライト前に打って納得しちゃうわけ。右打者なんて三遊間のゴロのヒットがいちばん多いはずやちゅうねん(笑)。

真弓 そうそう。近鉄でコーチをしてた時に阪神から来た北川(博敏)が、セカンドゴロでダブルプレー。「お前、スライダーをちょっと巻き込んで、センター前に打てるやろ」と言っても、とにかくセカンドゴロ。

掛布 計ったようにね。

真弓 そしたら「右打ちしたからいいじゃないですか」って。阪神時代に、さんざん言われてきてるわけよ。でも、セカンドゴロもショートゴロもダブルプレーはダブルプレー。今度からは巻き込む練習をしろって。

掛布 そう言ったわけだ。

真弓 だから練習でもゴロを打つたびに怒ってた。ボールを上げろと。北川が代打逆転満塁ホームランを打った時があったでしょ。

掛布 (01年9月26日)オリックス戦ね。あのホームランで近鉄が日本一を決めた試合。

真弓 あの時、北川が打席に入る前に「お前、セカンドゴロなんて打ったら許さねぇぞ」と言ったわけ。「もうフォークかスライダーしかねぇんだから、あれを巻き込んで上に上げろ」と念を押した。そしたらホームランを打ったんだよ。

掛布 ホント、今は右に打つのが美化されすぎちゃってるんだよね。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング