“タマに被弾”後にHR打てた?清原和博が片岡篤史に意外なベスト打者を告白

アサ芸プラス / 2020年5月22日 5時58分

写真

 清原和博氏が元プロ野球選手の片岡篤史氏のYouTubeチャンネル〈片岡篤史チャンネル〉に出演したのは、4月28日投稿回。清原氏は片岡氏に問われる形で、自身が思う「ベストバッター3人」を振り返った。

「実際にホームラン打つんやったら、左やったら松井(秀喜)ちゃうか」

と開口一番、読売ジャイアンツの戦友の名前を口にした清原氏に、片岡氏が、

「当時、門田(博光)さんおられたじゃないですか、南海ホークスの。どんな感じですか?」

 と通算本塁打数、通算打点数ともに歴代3位の記録を持つ名スラッガーの名前を挙げた。

「ああ!門田さんはえげつなかった。(ファーストで)守ってて一番怖かったのは門田さんやったな。スイングが早くてえげつないから…」

 と清原氏は、ルーキーの時、門田氏の打球を股の間に当てて、防御用のカップが割れたという身も縮むような痛々しい体験をしたことを明かした。コーチから「交代するか?」と聞かれたが、ルーキーの年に途中交代はできないと苦痛を堪えて無理にその試合に出場を続けたという清原氏。ところが、このアクシデントで力が抜けたのか、その日はそれまで安打がなかったが、次の打席でホームランを打ったという驚きのエピソードまで飛び出したのだった。

 結局清原氏が選ぶベストバッターは、ライトにホームランを打つ松井秀喜氏、レフトにホームランを打つ秋山幸二氏、そして門田博光氏の3名となったようで、ホームランバッターの清原氏らしい人選となった。

 ホームランと言えば、時代が違えば王貞治氏、野村克也氏がいて、近年では埼玉西武ライオンズの中村剛也、山川穂高も頑張っている。さて、あなたが選ぶベストバッターは?

(ユーチューブライター・所ひで)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング