「激太り」告白の矢口真里が“パツパツボディ”で新規ファン獲得中!?

アサ芸プラス / 2020年5月22日 17時59分

写真

 タレントの矢口真里が“太った”ことを告白し、ファンを騒然とさせている。5月18日のインスタグラムで明かしたもので、お米とラーメンばかり食べていたため太ったのだという。外出を自粛していたことも影響しているようだが、何キロ太ったのかは明かしていない。

「告白と同時に写真を公開したのですが、カエルの被り物をしているため、本当に太ったのかどうか判断できません。その5日ほど前に公開した写真を見ても、太ったように見えないこともあり、コメント欄には『太ったようには見えないよ』『大丈夫だよ』と慰めのコメントが続いていました」(芸能ライター)

 それが翌19日に全身のショットを公開すると一変。写真はテレビの収録時に撮ったもので、グリーンバックの前で矢口がダブルピースをしている。服装はスカートのスーツ。ジャケットで腰回りの一部は隠されているが、それでも胴回りがかなり太いのがわかる。「パツパツ」という言葉がぴったりだ。

「顔はそれほど太ったように見えないんですが、ウエストと腰はすごい(笑)。以前の矢口とは明らかに違いますね。ただ、太ったのが悪いかというとそうでもなく、『むしろグッとくる』『これぐらいの体のほうがいい』という意見もあります」(前出・芸能ライター)

 モー娘。時代は背が低いことを売りにしていた矢口。今はパツパツボディで新たなファンを獲得か?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング